冬木立

陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。

地表近くで揺らいでいた霧の向こうから陽の光がプワ~ッと明るく拡がってきた。

なんだか優しげな光。

今のうちに・・柔らかな光を感じる今のうちにパシャパシャした。

カメラの出目数値に対し1.5段オーバー目の露出値を基準にして高くなるお天道様が画面から外れないよう、三脚高を徐々に低くしながら枚数を重ねていく。

インフルの功罪

娘がインフルエンザB型に感染した。それで私が隔離された。

メシを食べる時、風呂に入る時、野良猫が俺を呼ぶ時以外は2階の狭い部屋に閉じこもって本を読んだり、過去のポジを整理している。

帰宅後の数時間だが、慣れてくるとなかなか快適なもんだ。秘密基地の中に居る気分になってくる。娘には悪いが、子供の頃の楽しかった記憶が蘇ってくる。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  3日の福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍光

一本の木

関連記事

  1. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。