冬の暁・2月3日は放射冷却の日・フジRVP100&NikonF5

気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。

正面ゲートから歩いてすぐの東屋 “潟来亭” の裏側に回り込むとコレがあります(どうしてこうした取り合わせなのかは判りません)。

かねてからこの構図で真冬の暁を撮りたいと考えていましたが、そのチャンスがちょうど休日を頂いた土曜日にやってきました。

ただ、雪面に残る人の足跡は予期してなかったなぁ。

夜明け前で私以外にはこの場所に人はおらず、暗い中でうっかり足跡を付けてはいけないと気を付けていたから、明るくなって縦横についたそれを見たときにはド~ッと疲れてしまいました。

まぁ、それも仕方ないことと思わねば。里の潟だし、誰でも訪れる環境なんだから。

霧の向こうに普段なら潟が横たわっています。今回は湖畔のかなり手前から。

RVP100 Ai-Nikkor 24 f/2.8s  NikonF5  福島潟にて 6時頃かも

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

冷たいカオス・離れ犬が向こうからやって来る・その前に撮らないと!

凍光・2月3日は放射冷却の日・フジRVP100&NikonF5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む