夕焼け田んぼ

会社から必死の形相?で自転車こいで戻る。

「田んぼに行く。夕日!」と女房に伝え急いで撮影ポイントに。

場所は住んでいる家のすぐ脇の田んぼ。

どうしてもその田んぼを絡めた写真が欲しい。

何の変哲もない田んぼで誰も目にとめないけど年間を通じて撮影している。今は一部、学校田になっていて野外学習に活用されている。

そのうち、宅地造成されていくだろう。「今のうちに」と撮影をはじめた。

周辺環境も入れて街中田んぼを撮るのもいいなと。

もっとも身近な自然といった感じだし、移動にお金もかからないし。

時間帯が帰宅時間に重なり、頻繁に車が通ります。足元に振動が伝わってきます。往来が途切れた時に、一呼吸置いてパシャリ。

美しい夕焼け空に学校帰りの女学生も足を止め携帯を取り出していました。

空の下には田んぼがありますが、露出の関係で黒くつぶれて見えません。でも、ここからのアングルにこだわりたいな。場所は一緒でも日ごと、実に様々な色合いの夕焼けが望めます。

RVP100  35ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

愛らしいネジバナ

バッタのかくれんぼ

関連記事

  1. 稲の朝露

     海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。「この時期、稲は盛んに水分を…

  2. 学校田にて 小学生がつくった案山子

     学校田の案山子です。刈り取り間近になると5,6体の案山子がお目見えします。…

  3. 日没

    2015年4月22日(水)撮影 夕方、家の前,田んぼ上空の太陽を撮る。(田ん…

  4. 斜光

    私も女房も大のコーヒー好きで生豆を煎って嗜む。平底の金網にそれを入れて下か…

  5. 「収穫の秋」到来

     昼過ぎ、帰宅後、たわわに実った稲穂を撮影した。もうじき稲刈りが始まると思う…

  6. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  7. また一つ 田んぼが消える

    2015年5月下旬か6月上旬手前は鳥屋野小の学校田。田植え後すくすく育つ早…

  8. 入道雲の季節

    自転車で家に戻ると、田んぼの向こう側からモクモクと白い塊が互いに重なり、また…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。