汗の数だけ米になる

「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した言葉が忘れられない(働いて流した“汗“も含むのだろう)。

「出穂直前は目一杯水分を吸い上げ、腹一杯になったら葉先からあまり水を吐き出すんだ」とも言っていたな(朝露とどう見分けるんだろう?)。

その方は穂先の水滴を“汗”と表現したのだった。

・・我が子を見守るような寄り添う言葉がものすごく愛おしく聞こえました・・

7月下旬~8月上旬は農家の方も惚れ惚れするくらいに活力が漲るのだという。

夏の夢

日の出時刻も遅くなるし、空は薄鈍色。たまに陽が射してきても長続きしない日本海側の気候はどうしても頭を下に向けてしまう。

すべって転倒でもしないか、冷たい水溜まりに足を突っ込んでしまわないか・・本能的と言うか自然と注意の視線が足元へと注がれるのだろう。

昨夜は夏の田んぼの夢を見ていたところカミナリ様の声で目が覚めた。

夏の気分をもっと味わいたかったのに。

そんなわけで気分転換にこんな写真を引っ張り出してみた。写真はまさに穂を出す寸前の稲の面々。母の故郷、関川村で撮影している。

ポジをライトボックスに載せて、ルーペで眺めていたらあの時の農夫の言葉を思いだしてしまった、というわけ。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s NikonF5  今年8月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泡沫の流れ

待ち遠しい春

関連記事

  1. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  2. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  3. 棘の門

    錆び付いた針の門の前で車を止めた。有刺鉄線の向ではかつて汗して働く労…

  4. 椿の ブチュ~

    場所は加茂市か三条市かもしれない保内公園。苔むした地面に映画…

  5. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨…

  6. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  7. 保護色

    これも【保護色】でしょうか。外敵から身を守ったり、またその逆に待ち伏…

  8. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。