銀杏と銀杏

ややこしや~

「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表示された。

そんな頭でポジを眺めていたら丸ボケが銀杏(ギンナン)に見えてきた。

そうなんですね、この写真、銀杏(イチョウ)の落葉を逆光の位置から、しかもレンズは開放絞り、最短距離にしたままでパシャリ・パシャリ楽しみながら撮った。

秋の終わり頃かな、暖かな木洩れ日が差し込んできたのは。

光の粒子、いやダーク・マターが俺には見えるんだ・・などと息巻いて撮ったが、やっぱり食いもんに見えてくるのはオイラの性分かな。

鳥屋野潟スポーツ公園カナル沿いの銀杏並木がモデル。

暖かな光には違わないが、なんであんなクソみたいな臭いなんだろう。

母の加護

昨日会社を休んで、母を病院へ連れて行った。

病院玄関出入り口のガラス窓に映った母の姿を観て、いたたまれなくなった。

腰がかなり曲がっている。ガラスの中の母の姿は弱々しくかつての母の姿でない。

それでいて、にっこり微笑んでいる。

切なくなるほどの笑みを浮かべて私を見ている。

RVP100 AI-Nikkor 180f/2.8s NikonF5  鳥屋野潟 11月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シンメトリーな福島潟

港湾

関連記事

  1. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  2. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  3. 枯草色と赤朽葉

    鳥屋野潟公園、花育・食育センター側一角での撮影。ここは夏の間…

  4. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  5. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  6. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

  7. “出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

    本題に入る前にちょっとした話です。知り合いが韓国滞在中にスマ…

  8. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。