夜明けの小舟

夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。

島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出し「木曽路はすべて山の中である」なんて、眼下に蒼く冷気漂う山々の木々がおぼろげに浮かび上がってくる絵を想像する。

自分が鳥の目線で眺めているんだな。

そうした心の風景を頭に描きながら冒頭の文章を幾度となく反芻していると、得も言われぬ至福感に包まれてくる。

写真は福島潟の夜明け。

藤村の小説(あくまで書き出し部分)を思い描きながら、その雰囲気に近づけようと昨年から何度も似た構図でトライしているがいっこうに進歩がない。

それで今回はレンズの絞り値を開放でやってみた。

超スローシャッターのせいでブレている舟ばかりのフィルムを量産してしまって奥様に叱られたせいもあって、ガッツリと頭をひねってみた。

「たかがレンズの絞りを変えるだけでしょ」と言われればそれまでなのだが、オイラのような年齢になると変に凝り固まった考えになってしまい、修正するのにものすごい体力がいる。

パワーが必要だ。

正直、腹が痛くなってきたくらい。

まぁ、開放で撮影したおかげで舟はブレなかったし、浮かび上がって見えたし、発泡酒を飲む際の肴ぐらいにはなったかな・・と思うようにしよう。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  26日福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鈍色の雲沼

“よこしま”な日没

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。