鈍色の雲沼

23日、午前7時前の撮影です。

頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽を遮っているのでしょう、日の出時刻をとうに過ぎたというのに、辺りは暗いまま。

それでいて、遠く山々の稜線だけポッカリと雲の隙間が出来ている。

此方が暗くなるほどに山懐が明るく浮かび上がって見えてきます。

そのうちポツリと雨が落ちてきて、目の前の湖面が小さく花開き、先ほどまでの暗く沈んだ水面が俄にうごめいてきた。

そんなわけで、折角やって来たのだし、ボク一人だけの独占貸し切り状態だし、沼はいつになくゴミは浮いていないし・・と、岸辺を行ったり来たりしながらパシャリ。

カモ達のガナリ声は葦原の向こう側、こちらは微かな雨音のみ・・最初はそんな感じでしたが、次第に雨脚が強まって本降りとなった。

仕方なく引き揚げることにしました。

その途中で飛び立つヒシクイの野太い響きを背後で感じ振り返ると、鈍色の雲と沼の境目で遙か山々が相も変わらぬ姿で横たわっているのでありました。

*「鈍色=にびいろ」・・日本海側特有の冬の空色

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  新潟市・福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

タカアザミは何処へ

夜明けの小舟

関連記事

  1. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  2. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  3. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  7. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  8. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。