無くなるということ

「無くなるということ」を考えてみた。

そこに在るものが無くなる。親しい人が亡くなる。いろんな「なくなる」がある。

写真の「無くなる」はボクにとってはちょい辛い。

「何でだろう」と考えてみた。

おそらくはこれから先、記憶だけが頼りになるから悲しいんだろう。

形在るものとして思いを寄せる対象がそこにはもう無い・・そのことを許容できないから辛くなるのだろう。

記憶だけの想い・・・ある意味、切ないなぁ。

胎内市・中条体育館 11月5日撮影

RVP100 AI-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウマノスズクサは生きていた

小高い丘の上から・海

関連記事

  1. 休業日

    呑みたい酒が呑めないとなると、気持ちを鎮めるのに幾らか時間がかかる。なにも…

  2. 時候雑記-4

    ① やはりツバメの姿が極端に少ない。日本に渡ってくるルートの途中で何か大きな…

  3. 時候雑記-8

    ① 野鳥たちの”秋の渡り”が始まっていた。12日朝6時30分頃から8時頃まで…

  4. 時候雑記・カメラとか

    ①挿入写真は雨で濡れた撮影機材を新聞紙の上に拡げ、乾かしている図。タオルで柔…

  5. 三叉路

    道のずっとずっと向こうに、僕が生まれ育った家がある。写真を撮…

  6. 時候雑記(私のこと)

    ①「とみとみ」という名前で通してきたが、ブログ開設後1年であること、Face…

  7. 時候雑記-2

    ➀ 3月16日、朝6時過ぎ、自転車で出勤途中、"ウグイスの初啼き”を耳に。…

  8. 時候雑記

    ①「健康一番」と新年の抱負を述べておきながら、早々にアクシデント。急…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。