秋溜まり

葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?

よく分からないけど、紅葉に薄緑がことのほか清楚に見えてきたのでした。

ただし、ツユムシの右後ろ脚が欠損している。

掲載しようか止めようか 少しばかりためらいましたが、秋が去ってしまいそうだし、別にオイラが敢えて脚をもいだ訳でも無い。それで出してみた。

枝が葉っぱに隠れて見えない位置から撮影した。

見ようによっては葉っぱが宙に浮いている・・そう考えたのだが。

木陰での撮影。長らく木洩れ日を待っていたが、うまい具合にはいかないもんだ。

しゃがんで、地面を見つめているオイラの後ろ姿を「野ぐそ」だと勘違いしたババサ連中からサクマのドロップ飴を頂戴した。

しばし立ち止まって小休止か。

せがれと同じ年代だ。そんなの撮ってどうすんだ。ズボン、汚えよ。

甘玉を口に含みながら、作り笑いで、「はぁ」と頷くのがいっぱい、いっぱい。

ババサ、いや彼女らの気概の迫力に圧倒されたのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s(開放、1/60) NikonF5  新発田市 11月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

晩秋の福島潟

目覚め・紋黄蝶

関連記事

  1. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  3. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  4. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  5. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

  6. Daddy Longlegs

    アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、…

  7. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  8. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。