秋溜まり

葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?

よく分からないけど、紅葉に薄緑がことのほか清楚に見えてきたのでした。

ただし、ツユムシの右後ろ脚が欠損している。

掲載しようか止めようか 少しばかりためらいましたが、秋が去ってしまいそうだし、別にオイラが敢えて脚をもいだ訳でも無い。それで出してみた。

枝が葉っぱに隠れて見えない位置から撮影した。

見ようによっては葉っぱが宙に浮いている・・そう考えたのだが。

木陰での撮影。長らく木洩れ日を待っていたが、うまい具合にはいかないもんだ。

しゃがんで、地面を見つめているオイラの後ろ姿を「野ぐそ」だと勘違いしたババサ連中からサクマのドロップ飴を頂戴した。

しばし立ち止まって小休止か。

せがれと同じ年代だ。そんなの撮ってどうすんだ。ズボン、汚えよ。

甘玉を口に含みながら、作り笑いで、「はぁ」と頷くのがいっぱい、いっぱい。

ババサ、いや彼女らの気概の迫力に圧倒されたのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s(開放、1/60) NikonF5  新発田市 11月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

晩秋の福島潟

目覚め・紋黄蝶

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。