犬蓼に紋黄蝶

イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が抜け落ち、かつての勢いがない(粒がど派手な色合いだったのに)。

なんで「イヌ」と付いているのだろうと思って調べたら「役に立たない」という意味があるらしい。それでもって、別名が“アカマンマ”。漢字にすると“赤飯”。

つまりは「食料にもならない赤飯」と言う意味になる。

ではモンキチョウはどうなのか。

恥ずかしながら大人になるまで「紋が白いのに、何でモンキチョウと呼ぶのだろう」と。それが「紋があるキチョウ。だからモンキチョウ」と判った時は小躍りした。

ただ、それだけ。

撮影の実際

50㎜の標準マイクロレンズで撮っている。

要は「それだけ近づいて撮ったんだよ~」と言いたい。

周辺部は見たくもないヘドロ状の浚渫土がむき出しで、足元がズブリ深まって、その脚を抜くと、踏み跡に腐敗油がしみ出てくる。

辺り一面にムッとする異臭が漂っていて、吐き気を感じながらの撮影。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  福島潟 10月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何気な畦道

露の花

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

  3. 晩秋トンボ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3そ…

  4. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  5. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

  6. 夜の竜巻ハウス

    早朝6時過ぎに到着。竜巻ハウスに照明が灯っている。「ガン観察…

  7. 福島潟・夜明け

    島崎藤村の『夜明け前』を読んだ人ってどれだけいるだろう。僕はホント言…

  8. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。