金平糖

“金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪郭が丸くボケて、画面に綺麗に納まっているように見える位置と高さで撮っている。

同じようにその“金平糖”を今日29日早朝、撮影しようと近くの公園に出掛けたのであるが、なんか時期が終わったみたい。ほとんど廃れて見えた。

「雨に洗われる姿もいいんじゃない」と考えていたが、予想より早い季節の移ろいに戸惑いました。氷雨に濡れて帰ってきたようなもんかな。

折角の日曜日、久々自由に過ごせたのでビッグカメラへスライドファイルを買いに出掛けたが、店の中でフィルムコーナーは片隅で、目指すファイルも在庫なし。

その足でヨドバシカメラにも寄ってみたが、残念ながら同じような状況で、やはり店頭在庫はなかった。

ほぼ1年ぶりに両方の店舗に足を運んだものの、銀塩派の居場所は狭まるばかりでありました(Nikonのマニュアルレンズが展示されていたのにはホッとした)。

まぁ、時代の流れだから仕方ないか。

結局、女房に訳を話してAmazonでポチって貰った(最初からそうすればよかった)。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  在庫写真から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雨雲

何気な畦道

関連記事

  1. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  2. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  3. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

  4. サンバを踊れない てんとう虫

    通り雨をやり過ごしたら、むさ苦しい夏の陽射しが戻ってきた・・シャッタ…

  5. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  6. 終い花にトンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。