雨雲

ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井との境目がなんだか狭まってきたみたい。

寝息一つ立てずに眠っていた湖面も夜明けを迎え、鈍く浮かび上がってきた。

白むにつれ、自分の居場所が無くなってくるようなある意味『息苦しさ』を感じたのは自然の繊細なゆらぎを愛でる私のセンス?、それとも単に『狭心症』の疑いか。

後者だろうな・・

先日おこなわれた定期健康診断の結果が待ち遠しい。

それはそうと、バリウム飲んで、レントゲン室に入る。あの後、台の上でグルグル回転したり、頭が下になったりする。あれ、疲れるな。

右回りがどっち? 腹這いってなんだっけ?・・体だけでなく頭も疲れる。

そのうち支える腕の力がへたって、下向きになった時なんか首で体を支えてしまう・・

毎年同じ事思うんだ。

操作している技師の顔は見えないけど、ガラスの向こうで笑ってるだろうなって。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  10月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めてのツマグロヒョウモン

金平糖

関連記事

  1. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  2. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

  3. 染まる鳥屋野潟

    雑記「共謀罪」・・最近テレビや新聞紙面で耳にしたり、目にするようにな…

  4. 雨のツユクサ

    2015年8月30日(日)撮影 雨が降り続いていて肌寒い。今までのあの暑さは…

  5. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  6. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  7. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  8. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。