白む福島潟

午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シュッと大気中に煙みたいなものが出た瞬間にド~ン・・ガッシャ~ン。

会社事務所の入り口ガラス扉が勢い良く外側に開いてバリバリ、ド~ン。ほとんど同時に構内倉庫出入り口のシャッターも外に大きく膨らみ、メリメリと剥がれ、中柱ごと宙を舞って道路へ飛んでいったのだった。

ああいう瞬間を見て、正直、こんなことを思ってしまった。

・・いっそ会社も無くなれば良いのに・・と。

まぁ、会社でオイラがブログをやっているなんてほとんど知られていないから書いているんだけど。たまたま隣りにいた女性社員にポロッと話したら、「私もよ」。

ん~ん・・人生色々あるなぁ。

掲載写真

福島潟で17日火曜の早朝に撮影している。

朝焼けを待ってカメラを三脚に構えて「早よ~出てくれ~」と念じていたんだけど、まるっきり逆パタ~ン。雲が山稜にぶつかってどんどん溜まってきたのでした。

それでも、こんなに明るくなるまでそこに佇んでいたのは小鳥たちの囀りと水鳥たちの羽音やガナリ声が織りなす音の共演を楽しんでいたからなんですね。

解せないのです。秋が深まる時期というのに野鳥のまろやかで美しい歌声がシンクロして湖面を渡ってくるのです。まるで初夏を迎えたあの囀りと同じなんですね。

*「小鳥・・」と書きましたが、南へ帰り遅れた夏鳥だろうか?・・いや、違う。どうも変だぞ。大合唱だもん。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5   福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

枯れ葉?

初めてのツマグロヒョウモン

関連記事

  1. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。