斜光

私も女房も大のコーヒー好きで生豆を煎って嗜む。

平底の金網にそれを入れて下から焙る。中火の上約10センチほどの高さを維持したまま数分間シャカシャカしていると、豆が茶色く色づいてきて、さらに続けているとパチパチと音を出し弾ける。

その頃になると綺麗なコーヒー豆になっている。

ただし、女房がやったのと私がやったのとは見た目が違う。ほぼ同じ量で同じ時間をかけているのに、私がやると豆が均一な焦げ茶にならないのだ。

原因は何となく分かっているが、なかなか改善の目途が立たない。

因みに女房が煎って、ミルにかけ、淹れてくれたコーヒーは紛れもなく旨い。

「何で、こんなに旨いんだ?」

「あんたが雑なだけよ・・けっ」

敬老の日は結婚記念日(かつては9月15日だった)。結婚して25年目、節目の朝。普段と変わらぬ朝を迎えたのでした。

写真は以前に家の前の田んぼを撮ったもの。ちょうど今頃。

現在台風18号が通過中だけど、今しがた陽が射してきました。それで、その光景と似たようなポジを探し出して掲載してみた。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 2年前の9月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

露の花

青カナブンと“金カナブン”

関連記事

  1. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  2. 稲の朝露

     海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。「この時期、稲は盛んに水分を…

  3. おぼろ月夜を映す田んぼ

     夕方は茜色に染まった田んぼを撮影した。写真の出来はともかくとして願っていた…

  4. カール雲

     お馴染み、家の前、田んぼからの夕焼け空です。道路脇の歩道上から田んぼと民家…

  5. バッタのアクロバット

    午後、前の田んぼを見て回りました。花が咲いた稲穂があり近づいたら足元からバ…

  6. 田んぼの終焉

    2015年6月上旬撮影(?) 『街中田んぼ』は7月上旬で終わったわけではな…

  7. 腰を痛めた環水平アーク

    彩雲か、いや環水平アークこの日は子供の運動会。小学校生活最後の行事で気合が…

  8. 餅雪

    フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うようにいつもまっすぐ降り…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。