露の花

泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。

蓮畑はかつての賑わいは微塵もなく、地中から滲み出た油がギロッと鈍く浮かぶ小径に人影は有ろうはずもない。

過ぎゆく夏を惜しむかのように咲いた花はもはや生気も無く・・そう哀れに感じて近づいてみたら・・意外にも健気に生きてるんだなぁ・・。

自分の吐息や所作で朝露がこぼれ落ちないようにレンズを寄せては角度を変えてみる・・そんなことしている間にも花びらが開いていくんですね。

写真で言うなら一番上の花びらが少しずつ左へずっていくのです。

露玉がまったく無いラインがあるのが判るかな。そこまで覆い被さっていた。

こいつ生きている・・そう感じましたね。

慈悲の思いを寄せる・・そんな事、ちゃんちゃらおかしいですね。

朝露は言うなれば、ほとばしる汗みたいなもんでしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5 福島潟 9月10日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

斜光

関連記事

  1. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  2. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  3. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  5. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  6. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  7. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  8. 日の出前・福島潟

    写真は3日の撮影いよいよ川霧が・・固唾を呑んで見守るも私の居た場…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。