露の花

泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。

蓮畑はかつての賑わいは微塵もなく、地中から滲み出た油がギロッと鈍く浮かぶ小径に人影は有ろうはずもない。

過ぎゆく夏を惜しむかのように咲いた花はもはや生気も無く・・そう哀れに感じて近づいてみたら・・意外にも健気に生きてるんだなぁ・・。

自分の吐息や所作で朝露がこぼれ落ちないようにレンズを寄せては角度を変えてみる・・そんなことしている間にも花びらが開いていくんですね。

写真で言うなら一番上の花びらが少しずつ左へずっていくのです。

露玉がまったく無いラインがあるのが判るかな。そこまで覆い被さっていた。

こいつ生きている・・そう感じましたね。

慈悲の思いを寄せる・・そんな事、ちゃんちゃらおかしいですね。

朝露は言うなれば、ほとばしる汗みたいなもんでしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5 福島潟 9月10日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

斜光

関連記事

  1. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  2. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  3. 土筆と朝露

    2016年4月16日(土)撮影 福島潟二王子岳や五頭連峰の端がジュワ…

  4. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  5. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

  8. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。