露の花

泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。

蓮畑はかつての賑わいは微塵もなく、地中から滲み出た油がギロッと鈍く浮かぶ小径に人影は有ろうはずもない。

過ぎゆく夏を惜しむかのように咲いた花はもはや生気も無く・・そう哀れに感じて近づいてみたら・・意外にも健気に生きてるんだなぁ・・。

自分の吐息や所作で朝露がこぼれ落ちないようにレンズを寄せては角度を変えてみる・・そんなことしている間にも花びらが開いていくんですね。

写真で言うなら一番上の花びらが少しずつ左へずっていくのです。

露玉がまったく無いラインがあるのが判るかな。そこまで覆い被さっていた。

こいつ生きている・・そう感じましたね。

慈悲の思いを寄せる・・そんな事、ちゃんちゃらおかしいですね。

朝露は言うなれば、ほとばしる汗みたいなもんでしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5 福島潟 9月10日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

斜光

関連記事

  1. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  2. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  3. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  4. 予期せぬ朝焼け・福島潟

    11月25日の福島潟、夜明けの写真です。山ぎわがこんなに明るくなってからで…

  5. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  6. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。