露の花

泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。

蓮畑はかつての賑わいは微塵もなく、地中から滲み出た油がギロッと鈍く浮かぶ小径に人影は有ろうはずもない。

過ぎゆく夏を惜しむかのように咲いた花はもはや生気も無く・・そう哀れに感じて近づいてみたら・・意外にも健気に生きてるんだなぁ・・。

自分の吐息や所作で朝露がこぼれ落ちないようにレンズを寄せては角度を変えてみる・・そんなことしている間にも花びらが開いていくんですね。

写真で言うなら一番上の花びらが少しずつ左へずっていくのです。

露玉がまったく無いラインがあるのが判るかな。そこまで覆い被さっていた。

こいつ生きている・・そう感じましたね。

慈悲の思いを寄せる・・そんな事、ちゃんちゃらおかしいですね。

朝露は言うなれば、ほとばしる汗みたいなもんでしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5 福島潟 9月10日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

斜光

関連記事

  1. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  2. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  7. 逆光にキラリ・蝶の名は?

    草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。