出会いは突然に

まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。

この日はこれまで見られてなかった蝶がやたら目に付き、樹液滴るクヌギの幹は一時、子供のおもちゃシールをペタペタ貼り付けたみたいになった。

写真を撮ることを二の次に、私もそのクヌギに近づきジッとしていると、ルリタテハが右腕にとまり、ヒメアカタテハが頭にぶつかった。ヒョウモン蝶の仲間が辺りのシダの葉に落ち葉のように舞い降りたりもした。

夏眠する蝶があるという。暑い夏をどう乗り切っているかは知らないが涼しくなった頃に姿を見せるらしい。その時期がやって来たのだろうか。

この蝶は少し離れて、湿った地面や朝露で濡れたシダの葉あたりをウロウロ飛び廻っていた。当然、それがコムラサキだとは100%思っていない。

観察に集中してみる。

高く上がったり下降し、林の縁を行っては戻る。おもむろに此方に向かって来たりもする。どうやら、自らも樹液を吸いたい様子。

それでいてクヌギの幹に近づいては遠ざかり、またシダの葉にとまり・・それを気まぐれながらも繰り返す。なかなか踏ん切りがつかない。警戒しているのか。

光加減で翅が青紫に輝いた瞬間にガツンときましたね。コムラサキだと。

あれは人を魅了する。何としても撮りたいという気持ちがジワジワ沸きだしてきた。

それでこうなった。

一部翅が擦り切れてはいるが、経験を積んだ貫禄ある♂の姿と思えばいいか。

風でシダの葉が揺れる。待っても止む気配が無い。

それで「この辺ならピントが合うだろう」と、置きピンして撮影してみた。揺れる葉が「ここにきたら合うな」の瞬間にパシャリとやりました。

“兄貴分”にあたるオオムラサキは日本の国蝶。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  胎内市 9月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日向で休むヤマキマダラヒカゲ

縄文の里は 光のなか

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。