ツリガネニンジン

花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名前が付いたのだろう。的を射た名前であるから一度聞いたらまず忘れない。

写真は1週間前に撮影したもので、今日見てみたら、薄れ萎れていた。「咲きだしたら写真に撮っておこっと」と思っていたが、花盛りの時期と重なっていたわけだ。

同じ地域の中でも極端に濃い色の個体だった。

ところで、ここ半月、休みを頂く度に実家のある胎内市へ来ている。

早朝に撮影し、9時には家で雑用やら片付けものして、ついでに朝でもなく昼でもないメシを塩っぱ過ぎて悶絶するようなナス漬けをおかずに食い漁っている。

そんなナス漬けなんだが、こないだ食べていて、ちょっと箸を持つ手がとまった。「かあちゃん、いつまで これ 作れるんだろ・・」突然にググ・・ときてしまった。

ただでさえ塩っぱいのに、涙が溢れるぐらい震えてしまったなぁ。

本日観察メモ

クヌギ周り:陽が当たり始めてすぐに蝶が乱舞。オニベニシタバだけと思っていたが、クロヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲ、そしてルリタテハがやって来た。

何時もはこれで来客打ち止めなのだが今日はミドリヒョウモン、イチモンジチョウ、アカタテハ、クロアゲハ? さらにコムラサキが姿を見せてくれた。

あれもこれも狙うと必ず撃沈する私。なので今日は二股、三股かけずコムラサキだけしか見ないようにした。どんな仕上がりになっているのだろうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  胎内市 8月27日撮影

*:イチモンジチョウではなくメスグロヒョウモンの♀タイプでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ルリタテハ / 翅裏は・・?

関連記事

  1. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  2. 冬のメジロ

    過去写真 初掲載休日は女房そっちのけで野鳥撮影に没頭していた頃の写真…

  3. 獣道脇にポツンと一輪

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  5. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  6. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。