縄文の光

8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。

朝日を浴びると毒素が体から抜けていく。

自然の浄化作用で生き返っていく・・なんとまぁ大それた事・・そう思うかも知れないが、前の数日間は自分の仕事内容が微妙なスタンスでテンテコ舞いだっただけにストレスが溜まりに溜まっていたんだな。

誰もいないだろう農道をワ~ッと叫びながら走ったもんね。

走って判ったこと・・とんでもなく体力落ちた・・ことでしょうか。

胎内市、熱田坂です。『縄文の清水』は左側上部あたり。

分谷地遺跡(わけやち)も近くにあったのだろう。ということは、いにしえの人々もこういう光景を眺めたのでしょうかねえ。そんなことを考えていると、またまた不思議な思いに駆られていくのでした。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(f5.6、1/250) NikonF5  胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼けと爺さん

クロヒカゲ♀

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. ツイン蕗

    よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。「薹の…

  3. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  4. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  7. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  8. 岩鏡

    2016年4月22日撮影 新発田市・本田 日本海側では『オオイワカガミ』が多…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。