縄文の光

8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。

朝日を浴びると毒素が体から抜けていく。

自然の浄化作用で生き返っていく・・なんとまぁ大それた事・・そう思うかも知れないが、前の数日間は自分の仕事内容が微妙なスタンスでテンテコ舞いだっただけにストレスが溜まりに溜まっていたんだな。

誰もいないだろう農道をワ~ッと叫びながら走ったもんね。

走って判ったこと・・とんでもなく体力落ちた・・ことでしょうか。

胎内市、熱田坂です。『縄文の清水』は左側上部あたり。

分谷地遺跡(わけやち)も近くにあったのだろう。ということは、いにしえの人々もこういう光景を眺めたのでしょうかねえ。そんなことを考えていると、またまた不思議な思いに駆られていくのでした。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(f5.6、1/250) NikonF5  胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼けと爺さん

クロヒカゲ♀

関連記事

  1. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  2. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. 岩鏡・・はかない命かな

    2016年4月24日撮影 新発田市・滝沢 22日、小径脇で顔を覗かせていたの…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  7. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  8. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。