オレンジ潟

前回写真の続きです。“桃色潟”から“オレンジ潟”へと切り替わりました。まるでステージ上の照明を操作しているみたい。

潟の主が夜明け前にちょっとサービスしてくれたようで、得した気分になりました。

7月下旬、葦原からのオオヨシキリのがなり声が聞こえなくなって、替わって林の奥からセミのコーラスが沸き上がり、一月経って、それが落ち着いてくると、白鷺がどこからともなく集まってくる。ムクドリが群れを成して上空を通過していく・・

この日の朝焼けはそんな秋の訪れの幕開けのようにも見えてきました。

やはり不思議だな~毎年、四季の移ろいを肌で感じ、見ているはずなのに、常に新鮮な感じがするのです。なんでしょうね、この感覚。

追記

:最近、ジャコウアゲハの幼虫の写真を掲載致しました。あれはメッセージなんですね。生息環境が危険な状態だ。昨日(25日)夕方確認したら、食草であるウマノスズクサは薬剤散布で枯れた草の下で辛うじて生きていて、ジャコウアゲハの幼虫を3匹その中で見つけた。近くの葉っぱには黄色い蛹2体あり。なんとかしないと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟は桃色潟

朝焼けと爺さん

関連記事

  1. アカバナマンサク

    アカバナマンサク前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが、すぐ近…

  2. 葉っぱのピアノ

    “葉っぱのピアノ”の前でまさに鍵盤を叩こうとするカマキリに出会った。その目…

  3. アナタに花束をあげよう

    RICOH・GRⅢスポーツ公園内の小径を歩いてたら目の前にデロンと現れた…

  4. どうしちゃったんだろ・朝焼け

    RICOH・GRⅢ4月下旬から出勤前の朝焼け撮影を再開してるが、「おぉ~…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。