桜色の雪割草

新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。

人口の雑木林なんだが様々な落葉広葉樹が植えられていて、樹幹越しにコンクリートが見えなければどこかの里山と見紛うほど。

その林の下では春になると福寿草や雪割草が芽吹き、花を咲かせる。

中でも雪割草の花の色と言ったら、これはもう日本の伝統色のオンパレード。

朽葉色の地面に桜色、菫(すみれ)色、真紅が栄えてくるのです。

春の訪れを感じさせる陽の光の中、雪割草を撮影してみました。

落ち葉が一面に敷き詰められた中、遊歩道沿いに咲いているので、視線を花の高さまで下げ、体は遊歩道に寝そべっている状態でパチリ。

ほとんど人は来ませんね。

あまり知られてないのかも。

写真屋にしてはこれはラッキーなんことですが、清楚な桜色が春を楽しんでいる姿は多くの人に観てもらいたいな。

RVP100 105ミリ NikonF5 2015年3月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アメリカコハクチョウ

時候雑記-2

関連記事

  1. ファンネルマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  2. 封印された出入り口

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3アク…

  3. 赤い角

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3記事は…

  4. 港湾

    信濃川右岸に立つ新潟みなとタワーから新潟西港を俯瞰しています。…

  5. 小春日和

    晩秋から冬にかけての暖かく晴れ上がった日のことを『小春日和』と呼ぶそ…

  6. バルバスバウマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s+Y2…

  7. 落ち葉溜り

    kodak t-max100 ai-nikkor 24f2.8s nikon…

  8. 冬陽・川岸のマンション

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。