桜色の雪割草

新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。

人口の雑木林なんだが様々な落葉広葉樹が植えられていて、樹幹越しにコンクリートが見えなければどこかの里山と見紛うほど。

その林の下では春になると福寿草や雪割草が芽吹き、花を咲かせる。

中でも雪割草の花の色と言ったら、これはもう日本の伝統色のオンパレード。

朽葉色の地面に桜色、菫(すみれ)色、真紅が栄えてくるのです。

春の訪れを感じさせる陽の光の中、雪割草を撮影してみました。

落ち葉が一面に敷き詰められた中、遊歩道沿いに咲いているので、視線を花の高さまで下げ、体は遊歩道に寝そべっている状態でパチリ。

ほとんど人は来ませんね。

あまり知られてないのかも。

写真屋にしてはこれはラッキーなんことですが、清楚な桜色が春を楽しんでいる姿は多くの人に観てもらいたいな。

RVP100 105ミリ NikonF5 2015年3月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アメリカコハクチョウ

時候雑記-2

関連記事

  1. 朝焼けを白黒モードで撮ってみた

    新潟コンベンションセンター・朱鷺メッセ。今年最後の朝焼けはこ…

  2. 釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

    浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。名…

  3. まなざし

    掃き出し窓の向こう側で、我が家の夕食時の様子をいつも見ていた野良猫。…

  4. 石の組み合わせと窓枠の妙さに惹かれてカメラを構えていて、ありゃまぁ~…

  5. ハイキー調・ときめき橋

    昨日夕刻の『ときめき橋』。今日、この橋を娘の送迎のため2回渡…

  6. どちらも高くて 手が届きません・・

    写真は昨日の午後の撮影。信濃川の右岸側の土手をチャリブラして…

  7. rhythm・音の調べ

    内壁、高い位置にこんな幾何学模様みたいな。丸い穴は何だろう?…

  8. 冬枯れの河川敷

    父が死んだ。昨年12月に突然倒れて、病院に緊急入院。退院後の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。