桜色の雪割草

この記事は1分で読めます

 日本の伝統色のオンパレードだ。
朽葉色の地面に桜色、菫(すみれ)色、真紅が栄える。
春の訪れを感じさせる陽の光の中、雪割草が一斉に花開いた。
 ここは新潟県庁敷地内の一角”県庁の森”。
落ち葉が一面に敷き詰められた中、遊歩道沿いに咲いている。
ボランティアによる手入れも行き届いているのだろう。
 視線を地面まで下げて花の高さからパチリ。
清楚な桜色が春を楽しんでいるかのようでした。
 RVP100 105ミリ NikonF5 2015年3月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。