ジャコウアゲハと朝焼けと・食草ウマノスズクサの自生地発見!

8月6日に撮影した。盆休み前で忙しくこの日も出勤、せめて朝焼けだけでも拝みたいと小一時間近く現場でたむろしていた。

雲が少なく、パッとしなかったけど、これはこれで仕方がないと思わねば。

7月後半からガラリと空模様が秋らしくなった気がするのはオイラだけでしょうか。

このところの天候不順が季節の変わり目のような気がしてしょうがない。朝晩はめっきり過ごしやすくなってきたし、眺める空もどことなく秋の気配を感じている。

右下スタジアムの手前の岸辺でジャコウアゲハの♀を頻繁に見ていた。

なんでかな~と草藪を調べると、幼虫の食草ウマノスズクサがちゃんとある。

そんなもんで観察した記憶を頼りにその葉っぱを1枚1枚めくってみたら、8月12日にようやく幼虫と出会った。全部で4匹。いずれも生きている。

もっとちゃんと調べれば数はこの限りではないだろう。ウマノスズクサは花を付けていたものもあれば、花の時期を終えて萎れたものもあった。

けれど、気になることが・・

小径沿いの藪は最近、薬剤散布されたばかりで茶色く変色した枯草だらけ。

大丈夫なんだろうか。ちゃんと羽化できるんだろうか。

朝焼けを眺めて、ジャコウアゲハの姿を思い浮かべています。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  三脚使用   鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カナブン/樹液を独り占め

まるで宝石!・自然が造る色は極彩色 光沢ある輝きにクギ付け

関連記事

  1. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝焼けがこ…

  2. 蝶の時間

    『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  3. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータなん…

  5. 綿飴にオレンジ色したシロップが染み込んでいくよう…

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。前日28日…

  6. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  7. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  8. 変幻自在な光の変化に圧倒された・Ricoh gr…

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。