賢者フクロウの赤ちゃん

フクロウの赤ちゃんだ。

夕闇迫る公園の林道脇にお地蔵さんのように佇んでいた。

正確には”隠れたつもり”だったのだろう。

巣立ち(?)して初めて危険に遭遇し、この子なりの防衛本能でそうしたのか。

親が近くにいてエサを与えたり、生きていく術でも教えていたのだろうか。

まさか、人間がやって来るとは思ってもいなかったはず。

近づいてくる足音に慌てふためいたに違いない。

通り過ぎようとして見つけてしまった。

親は実際に梢で警戒中だ。

ポジフィルムはその後、押し入れにしまったまま。

数十年ぶりにビューアーで確認したけど、退色は見当たらない。

「こんな所にいるわけない」とする考えって危険ですね。

知らないうちに他の生き物のテリトリーを脅かしている。

ベルビア50 +1増感 180ミリ NikonF3

過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピロピロとマンサクの花

アカバナマンサク

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。