賢者フクロウの赤ちゃん

フクロウの赤ちゃんだ。

夕闇迫る公園の林道脇にお地蔵さんのように佇んでいた。

正確には”隠れたつもり”だったのだろう。

巣立ち(?)して初めて危険に遭遇し、この子なりの防衛本能でそうしたのか。

親が近くにいてエサを与えたり、生きていく術でも教えていたのだろうか。

まさか、人間がやって来るとは思ってもいなかったはず。

近づいてくる足音に慌てふためいたに違いない。

通り過ぎようとして見つけてしまった。

親は実際に梢で警戒中だ。

ポジフィルムはその後、押し入れにしまったまま。

数十年ぶりにビューアーで確認したけど、退色は見当たらない。

「こんな所にいるわけない」とする考えって危険ですね。

知らないうちに他の生き物のテリトリーを脅かしている。

ベルビア50 +1増感 180ミリ NikonF3

過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピロピロとマンサクの花

アカバナマンサク

関連記事

  1. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風…

  2. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  3. かたくりの花

    今年初めてのカタクリ。ほぼ順光での撮影です。背景は小川の落ち込み口でカ…

  4. 草紅葉

    秋が深まるとイネ科の枯れ草が目立ってくるんですね。華やぐ花々…

  5. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  6. モリアオガエル?

    これって・・モリアオガエル?一般的な雨蛙と比べると二倍以上デカい。そ…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。