桜にヒヨドリ

春を迎えた瓢湖は桜、レンギョウの鮮やかな色彩に染まります。

桜の下で酒盛りが始まる前に撮影に出掛けました。

カワラフワが梢でさえずり、メジロが木々の間を蜜を求めて移動していきます。ほのかな香りが漂う岸辺です。

そんな中、バサーッとやって来たのがヒヨドリ。

「春 春 ピーヨ ピーヨ」と精力的に動き回ります。

時々、空中で羽根をバタバタさせホバリングもしています。

蜜を吸っているのかな。それとも、花の中の小さな虫を食べているのだろうか。

くちばしに花粉が付いてました。

先回りして花の付いた枝先にある程度ピントを合わせていたら「こんな感じで良いかな」とヒヨドリが画面に飛び込んできた。

あわてて構図を修正しピントを合わせてパシャッ。

露出はあらかじめオーバー目に設定していたけど、出来上がったポジをルーペでチェックしたら、ハイキー調に仕上がってました。

*過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ネコヤナギにシジュウカラ

ピロピロとマンサクの花

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。