桜にヒヨドリ

春を迎えた瓢湖は桜、レンギョウの鮮やかな色彩に染まります。

桜の下で酒盛りが始まる前に撮影に出掛けました。

カワラフワが梢でさえずり、メジロが木々の間を蜜を求めて移動していきます。ほのかな香りが漂う岸辺です。

そんな中、バサーッとやって来たのがヒヨドリ。

「春 春 ピーヨ ピーヨ」と精力的に動き回ります。

時々、空中で羽根をバタバタさせホバリングもしています。

蜜を吸っているのかな。それとも、花の中の小さな虫を食べているのだろうか。

くちばしに花粉が付いてました。

先回りして花の付いた枝先にある程度ピントを合わせていたら「こんな感じで良いかな」とヒヨドリが画面に飛び込んできた。

あわてて構図を修正しピントを合わせてパシャッ。

露出はあらかじめオーバー目に設定していたけど、出来上がったポジをルーペでチェックしたら、ハイキー調に仕上がってました。

*過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ネコヤナギにシジュウカラ

ピロピロとマンサクの花

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  4. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. 新芽 何の木?

    2015年4月19日(日)撮影 一旦、家に戻った。家族に「どっか行くか!」と…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。