伊達男 オシドリ

神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。

見れば見るほど幾何学的な模様である。

メスは普通に全体が地味な灰色で、それは理解できる。

他のカモの仲間と比べても違和感が無い。しかし、オスは突出している。

ここまで派手に着飾る理由があるのだろうか。仲間が派手だから負けずとその上をいった。そしたらまたその上・・と。

自分の子孫を残すという遺伝子情報が巧みに作用しているのだろうか。

五十公野公園での撮影。確か冬期間、つがいで姿を見せていたと記憶する。

春の訪れ前にどこかへ飛んでいった。

多くのカメラマンを連日楽しませてくれていました。

風が止み水面が鏡のように姿を映し出してくれた。暗い水面が背景色となったため鮮やかに浮かび上がった。

*過去記事 初投稿 オシドリは本物、念のため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

村の鎮守 トラフズク

ネコヤナギにシジュウカラ

関連記事

  1. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  2. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  3. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  4. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  5. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ…

  6. 葉陰のサギ

     葉陰で陽射しを避けてちょっと一息のサギ。体を左右に動かしては、羽根をバタバ…

  7. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  8. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。