カジカガエル

夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていました。

繁殖期を迎えているのでしょうか、大勢して出ていました。川面から浮き出した石の上に一匹ずつ、吸盤のようにへばり付いていて、誰かが鳴き出すとそれを合図に数秒鳴き続けるのです(見渡す限りオスばかり)。

アチラの石の上、コチラの石の上と鳴き出して、音同士が共鳴し合う。それはオーケストラのような雰囲気で迫ってくるのですね。予期せぬ音の変化にグイッと驚くような、目を見張るような、あんな感じで。

川底を穿つ流れの響きも手伝って、低い音から高い音へと皮膚に染みこんでいくようで心地よいのです。川の流れの中にも、覆う木々の葉にもその音が飛沫となって染みこんでいき、時に突き刺さっているようで、音が目に見える感じがするのです。

つまりは音色なんでしょうか。

180ミリ望遠レンズで撮影してましたが、フィルムが枯渇!

一旦、車に戻り105ミリのマイクロレンズに交換し、新たにフィルム詰めて、またポイントに戻り、さらにググッと寄って30カットほど撮影したかな。そのフィルムは今だ残コマがあるのでカメラの中。

現像に出して、確認して、見られるようなら掲載します。そうでなければゴミ箱行き。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早朝の福島潟

鳥屋野潟・夜明け前

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  5. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。