カジカガエル

夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていました。

繁殖期を迎えているのでしょうか、大勢して出ていました。川面から浮き出した石の上に一匹ずつ、吸盤のようにへばり付いていて、誰かが鳴き出すとそれを合図に数秒鳴き続けるのです(見渡す限りオスばかり)。

アチラの石の上、コチラの石の上と鳴き出して、音同士が共鳴し合う。それはオーケストラのような雰囲気で迫ってくるのですね。予期せぬ音の変化にグイッと驚くような、目を見張るような、あんな感じで。

川底を穿つ流れの響きも手伝って、低い音から高い音へと皮膚に染みこんでいくようで心地よいのです。川の流れの中にも、覆う木々の葉にもその音が飛沫となって染みこんでいき、時に突き刺さっているようで、音が目に見える感じがするのです。

つまりは音色なんでしょうか。

180ミリ望遠レンズで撮影してましたが、フィルムが枯渇!

一旦、車に戻り105ミリのマイクロレンズに交換し、新たにフィルム詰めて、またポイントに戻り、さらにググッと寄って30カットほど撮影したかな。そのフィルムは今だ残コマがあるのでカメラの中。

現像に出して、確認して、見られるようなら掲載します。そうでなければゴミ箱行き。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早朝の福島潟

鳥屋野潟・夜明け前

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。