カジカガエル

夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていました。

繁殖期を迎えているのでしょうか、大勢して出ていました。川面から浮き出した石の上に一匹ずつ、吸盤のようにへばり付いていて、誰かが鳴き出すとそれを合図に数秒鳴き続けるのです(見渡す限りオスばかり)。

アチラの石の上、コチラの石の上と鳴き出して、音同士が共鳴し合う。それはオーケストラのような雰囲気で迫ってくるのですね。予期せぬ音の変化にグイッと驚くような、目を見張るような、あんな感じで。

川底を穿つ流れの響きも手伝って、低い音から高い音へと皮膚に染みこんでいくようで心地よいのです。川の流れの中にも、覆う木々の葉にもその音が飛沫となって染みこんでいき、時に突き刺さっているようで、音が目に見える感じがするのです。

つまりは音色なんでしょうか。

180ミリ望遠レンズで撮影してましたが、フィルムが枯渇!

一旦、車に戻り105ミリのマイクロレンズに交換し、新たにフィルム詰めて、またポイントに戻り、さらにググッと寄って30カットほど撮影したかな。そのフィルムは今だ残コマがあるのでカメラの中。

現像に出して、確認して、見られるようなら掲載します。そうでなければゴミ箱行き。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早朝の福島潟

鳥屋野潟・夜明け前

関連記事

  1. カメムシは本当に嫌われ者?

    カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  4. 大乱闘

    ~前の写真の続き~「山田君!ちゃんと撒きなさいっ!」吉川叔父…

  5. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  6. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  7. アメリカ コハクチョウ

    年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間…

  8. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。