ミツガシワ

阿賀町・たきがしら湿原

5月21日に撮影している。この時点ではちょうどいい咲具合だった。あれから10日近く経っているから湿原の主役は既に交代しているかも知れない。きっとそうだろう。

だって、この写真を撮る2週間前は水芭蕉が盛りだった。それがミツガシワにすり替わっているのだから。訪れる度にページをめくるように四季が変化している。

ミツガシワ・・その名の通り、葉っぱは三つに見える。柏の葉に似ているらしいが、三つの葉を合わせた形が「似ている」としたのだろうか。

総状花序と言われるぐらい均一に花が付いている。どうやら下層部分から咲き出して、順繰りに上昇してくるようだ。他の個体と見比べてみたがみんなそうだった。

そんなわけで、咲き終わった花を外して作画した。当然、葉っぱは入らない。頭頂部だけの構図にした。記録写真だなこれは。

雑記

今朝29日、鳥屋野潟の朝焼けの撮影時、しゃがみ込んだまさにその足元に、無くして探していた手ぬぐいを見つけた。手ぬぐいは坊主頭を隠すためでは無く、なぜか集めるのが好きだ。伊勢木綿、有松鳴海絞りにこだわっている。前回の撮影時に落としたのだ。それが「ちょっとポイントを変えよう」と、動いたら、そこにある。

昨日は鳥屋野潟公園でこれも撮影の移動時に落としたレンズキャップを歩む先の草むらの中で見つけた。もう1カ月近く経つのに。何処の辺りで無くしたか見当も付かない。ただ、公園で無くしただけ。探しはしたが見つかるわけが無い。それが草の中に半分土を被った状態で・・・。

この話を奥様にした。一寸聞いてくれと。無言で聞いていて、ただ一言。

「ようは、落とさなければいいだけのこと」「落ち着きが無い証拠」

・・まあ、その通りなんだが、いい歳こいて、子どもに諭すようなことを言われると立ち直れないものがある。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幸せの 黄色い ボンボン

早朝の福島潟

関連記事

  1. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  2. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。