命紡ぐ 朽ち葉かな

撮影の背景

待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一方、新たな命に世代を託したかのような朽ち葉も印象的。後者を主役として捉えてみました。

ほぼ逆光の位置にカメラを構え、太陽光線でレンズにハレーションが盛大に発生していてもお構いなし。かえって臨場感出るかな・・くらいの気持ちで撮ってみた。

朝陽は地面を温め、草木を目覚めさせる。サク、パチ・・耳を澄ますと目覚めの音さえ聞こえてくる。生暖かいゆらぎも沸き上がってきた。

朽ち葉はその様をどう感じ、見ているのだろう。

「今度はあんた達の番だからね」かな。

新芽が一本、朽ち葉を持ち上げ、天を向く。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月30日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車輪

桃色な朝はいつなんだろ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。