命紡ぐ 朽ち葉かな

撮影の背景

待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一方、新たな命に世代を託したかのような朽ち葉も印象的。後者を主役として捉えてみました。

ほぼ逆光の位置にカメラを構え、太陽光線でレンズにハレーションが盛大に発生していてもお構いなし。かえって臨場感出るかな・・くらいの気持ちで撮ってみた。

朝陽は地面を温め、草木を目覚めさせる。サク、パチ・・耳を澄ますと目覚めの音さえ聞こえてくる。生暖かいゆらぎも沸き上がってきた。

朽ち葉はその様をどう感じ、見ているのだろう。

「今度はあんた達の番だからね」かな。

新芽が一本、朽ち葉を持ち上げ、天を向く。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月30日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車輪

桃色な朝はいつなんだろ

関連記事

  1. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  2. 生活圏・半径20㍍以内

    RICOH gr3ミニトマト収穫中の母座って、腕の伸ばせる範囲で熟し…

  3. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  4. 水芭蕉

    杉木立の中、林床の枝葉の隙間から顔を出した水芭蕉。どれも小ぶりでシミひとつな…

  5. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  6. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  7. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  8. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。