命紡ぐ 朽ち葉かな

撮影の背景

待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一方、新たな命に世代を託したかのような朽ち葉も印象的。後者を主役として捉えてみました。

ほぼ逆光の位置にカメラを構え、太陽光線でレンズにハレーションが盛大に発生していてもお構いなし。かえって臨場感出るかな・・くらいの気持ちで撮ってみた。

朝陽は地面を温め、草木を目覚めさせる。サク、パチ・・耳を澄ますと目覚めの音さえ聞こえてくる。生暖かいゆらぎも沸き上がってきた。

朽ち葉はその様をどう感じ、見ているのだろう。

「今度はあんた達の番だからね」かな。

新芽が一本、朽ち葉を持ち上げ、天を向く。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月30日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車輪

桃色な朝はいつなんだろ

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. 雪舞う杉木立

    寺の境内に脚を踏み入れた途端、一陣の風が吹いて、枝葉にまとわりついた…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  7. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。