命紡ぐ 朽ち葉かな

撮影の背景

待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一方、新たな命に世代を託したかのような朽ち葉も印象的。後者を主役として捉えてみました。

ほぼ逆光の位置にカメラを構え、太陽光線でレンズにハレーションが盛大に発生していてもお構いなし。かえって臨場感出るかな・・くらいの気持ちで撮ってみた。

朝陽は地面を温め、草木を目覚めさせる。サク、パチ・・耳を澄ますと目覚めの音さえ聞こえてくる。生暖かいゆらぎも沸き上がってきた。

朽ち葉はその様をどう感じ、見ているのだろう。

「今度はあんた達の番だからね」かな。

新芽が一本、朽ち葉を持ち上げ、天を向く。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月30日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車輪

桃色な朝はいつなんだろ

関連記事

  1. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

  2. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  3. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  4. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  7. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  8. カナヘビだよね

    阿賀町・たきがしら湿原カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。