9月の太陽

この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプン。

『9月の太陽』・・ってな題名は太陽光線がギラギラしているからだけで、レンズを絞り込んで極端にアンダーで撮れば、どの季節だってこんな表現が出来んだね。

このポジのほか、おそらくこの日、この流れで撮影したであろうポジを数枚持っているが、そちらのほうは太陽がそんなに昇ってないんだ。

どちらかと言えば、『眠たい太陽』かな。

何度見ても、どうなんだろ?

ホントに夏なのかな?

太陽の昇る位置から、撮影時期を割り出そうとしても、草木は既に枯れて無くなってるし、葦原も姿が変わっているから、ポイントが掴めないんだね。

過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不思議な雪玉

春の三姉妹

関連記事

  1. 足跡

     手足、耳もピリピリ。早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。シャッターを…

  2. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  3. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  4. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  5. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  6. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  7. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。