9月の太陽

この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプン。

『9月の太陽』・・ってな題名は太陽光線がギラギラしているからだけで、レンズを絞り込んで極端にアンダーで撮れば、どの季節だってこんな表現が出来んだね。

このポジのほか、おそらくこの日、この流れで撮影したであろうポジを数枚持っているが、そちらのほうは太陽がそんなに昇ってないんだ。

どちらかと言えば、『眠たい太陽』かな。

何度見ても、どうなんだろ?

ホントに夏なのかな?

太陽の昇る位置から、撮影時期を割り出そうとしても、草木は既に枯れて無くなってるし、葦原も姿が変わっているから、ポイントが掴めないんだね。

過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不思議な雪玉

春の三姉妹

関連記事

  1. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  2. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  3. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  4. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  5. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  6. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

  7. 足跡

     手足、耳もピリピリ。早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。シャッターを…

  8. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。