9月の太陽

この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプン。

『9月の太陽』・・ってな題名は太陽光線がギラギラしているからだけで、レンズを絞り込んで極端にアンダーで撮れば、どの季節だってこんな表現が出来んだね。

このポジのほか、おそらくこの日、この流れで撮影したであろうポジを数枚持っているが、そちらのほうは太陽がそんなに昇ってないんだ。

どちらかと言えば、『眠たい太陽』かな。

何度見ても、どうなんだろ?

ホントに夏なのかな?

太陽の昇る位置から、撮影時期を割り出そうとしても、草木は既に枯れて無くなってるし、葦原も姿が変わっているから、ポイントが掴めないんだね。

過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不思議な雪玉

春の三姉妹

関連記事

  1. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  2. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  3. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  4. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  5. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  6. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。