ネコの“指先”

 「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」

 「母さん、僕のあの麦わら帽子・・」ではないが、思い出した。
考えてみれば、春先パシャリとやっただけで、会いに行ってない。
彼の生き様については“毎年、少しずつ手足がもがれる惨めな奴”で、
もともとそこにあったのか、何処から連れてこられたか・などの
生い立ちについても調べる術もなく、ましてやその気にもならない。
「いてもいなくてもどうでもいい、あなたはもう空気みたいなだけ」
そこまで存在を否定するわけではないが、忘れてしまっていた・・
 その君に会いに行ってみたら・・・
ん?・・・あれ?・・・あの時の君はどれ?・・・あらら・・
しっかりと成長し、バカでかくなっておりました。
全体が大きくなったばかりでなく、“ネコの爪”にいたっては・・
人間の手”そのもの。しかも、見る角度によっては、
「俺を見捨てないでくれよ~」と手を差し伸べているようだし、
「お前を捕まえてやる~」と、手のひらを開いた格好にも。
 (別の日に川底を背景に真上から覗いてみると、ネコヤナギの
花芽の色が虹色なんですね。魚で喩えるなら婚姻色みたいな。
体をくねらせた姿と婚姻色でニジマスと見立てて撮影した)
 ところで撮影中はどこにピントを合わせるのか悩みました。
風が止んでピントを合わせる段になって、どうしようと。
使用しているのは105㎜のマイクロレンズだし、寄りも近いし、
ピンを外したところは当然ボケボケになるし、どうするかと・・。
それで、手前、右端、右から2本目の3パターンでピンを合わせた。
現像後のスリーブのチェックでも、どれを切り取るか迷いました。
写真は最初のイメージ通りの“手前の指先”に合わせたカット。
 RVP100(FUJIFILM Velvia100) NikonF5 3月26日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

落ち葉布団

ショウジョウ花火

関連記事

  1. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  2. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  3. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  4. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  5. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

  6. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  7. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。