ネコの“指先”

 「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」

 「母さん、僕のあの麦わら帽子・・」ではないが、思い出した。
考えてみれば、春先パシャリとやっただけで、会いに行ってない。
彼の生き様については“毎年、少しずつ手足がもがれる惨めな奴”で、
もともとそこにあったのか、何処から連れてこられたか・などの
生い立ちについても調べる術もなく、ましてやその気にもならない。
「いてもいなくてもどうでもいい、あなたはもう空気みたいなだけ」
そこまで存在を否定するわけではないが、忘れてしまっていた・・
 その君に会いに行ってみたら・・・
ん?・・・あれ?・・・あの時の君はどれ?・・・あらら・・
しっかりと成長し、バカでかくなっておりました。
全体が大きくなったばかりでなく、“ネコの爪”にいたっては・・
人間の手”そのもの。しかも、見る角度によっては、
「俺を見捨てないでくれよ~」と手を差し伸べているようだし、
「お前を捕まえてやる~」と、手のひらを開いた格好にも。
 (別の日に川底を背景に真上から覗いてみると、ネコヤナギの
花芽の色が虹色なんですね。魚で喩えるなら婚姻色みたいな。
体をくねらせた姿と婚姻色でニジマスと見立てて撮影した)
 ところで撮影中はどこにピントを合わせるのか悩みました。
風が止んでピントを合わせる段になって、どうしようと。
使用しているのは105㎜のマイクロレンズだし、寄りも近いし、
ピンを外したところは当然ボケボケになるし、どうするかと・・。
それで、手前、右端、右から2本目の3パターンでピンを合わせた。
現像後のスリーブのチェックでも、どれを切り取るか迷いました。
写真は最初のイメージ通りの“手前の指先”に合わせたカット。
 RVP100(FUJIFILM Velvia100) NikonF5 3月26日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

落ち葉布団

ショウジョウ花火

関連記事

  1. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

  2. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  3. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  7. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。