落ち葉の中からフキノトウ

 関川村鷹巣キャンプ場。
吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。
飯豊山系の雪解け水でその名の通り流れが速い。
岸辺に立つと、岩にぶつかる音も作用し怖さを感じる。
 その斜面にふきのとうが顔を覗かせていた。
散り積もった落ち葉の中から1年ぶりの再会かな。
 落ち葉の中は温かいのだろうか。周りを観察すると落ち葉のじゅうたん
が敷き詰められた部分で成長が速い気がするが、どうだろう。
それにしても、美味そうなふきのとうが一面にある。
二株並んだふきのとうを探して撮影。
 撮影中、近くの木々を日本ザルの群れが横切っていく。
お腹に子ザルを抱えた母ザルもいる。
こいつらは頭が良い。若いサルが少し関心があるかのように
こちらに歩み寄る。必然、私もそのサルに関心を示す。
その間に小ザルを連れた母ザルがより安全な場所へと移動するのだ。
「大丈夫、何もしないから」。
 ベルビア100 55ミリマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鷹巣のカタクリの花

かわいらしい すももの花

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  3. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  4. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。