落ち葉の中からフキノトウ

この記事は1分で読めます

 関川村鷹巣キャンプ場。
吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。
飯豊山系の雪解け水でその名の通り流れが速い。
岸辺に立つと、岩にぶつかる音も作用し怖さを感じる。
 その斜面にふきのとうが顔を覗かせていた。
散り積もった落ち葉の中から1年ぶりの再会かな。
 落ち葉の中は温かいのだろうか。周りを観察すると落ち葉のじゅうたん
が敷き詰められた部分で成長が速い気がするが、どうだろう。
それにしても、美味そうなふきのとうが一面にある。
二株並んだふきのとうを探して撮影。
 撮影中、近くの木々を日本ザルの群れが横切っていく。
お腹に子ザルを抱えた母ザルもいる。
こいつらは頭が良い。若いサルが少し関心があるかのように
こちらに歩み寄る。必然、私もそのサルに関心を示す。
その間に小ザルを連れた母ザルがより安全な場所へと移動するのだ。
「大丈夫、何もしないから」。
 ベルビア100 55ミリマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. 2018.02.16

    凍吹雪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。