いにしえの開拓者

“清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1本松”の真下の岸辺に展示された作品群のひとつである。

2009年に展示されてからちょくちょく手入れされてきたが、昨年の夏に大規模な修繕、かけ直しを施したという。

当初から作業に加わっている新潟市内の美術教師から聞いた話によれば、約370年前の開拓者の姿を現代に蘇らせた。関係者全員が本気モードで取り組んだらしい。

淡雪のちらついた2月25日早朝、思わず足を止めて見入ってしまった。遠くいにしえの開拓者の姿は何かを語りかけてきているような気がしたかな。

積もった雪でよく分からないと思うが、背景は鳥屋野潟の水面です。

RVP100 AI-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5 2月25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マンサク花火

ニホンカモシカ

関連記事

  1. 5月最後の朝焼け・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ5月31日午前4時23分頃の鳥屋野潟の朝焼け。岸辺…

  2. 公園内の掃除用具

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  3. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。手拭いの柄に【古典…

  4. 紅光線が放射状に広がった鳥屋野潟 24㎜広角レン…

    リバーサルフィルムの現像が出来上がってきた。仕上がり具合をチェックし…

  5. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが、終…

  6. 半分赤い・「なんだぁ~・・待てよ!」「これで終わ…

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上…

  7. 染まる鳥屋野潟

    雑記「共謀罪」・・最近テレビや新聞紙面で耳にしたり、目にするようにな…

  8. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。右…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。