いにしえの開拓者

“清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1本松”の真下の岸辺に展示された作品群のひとつである。

2009年に展示されてからちょくちょく手入れされてきたが、昨年の夏に大規模な修繕、かけ直しを施したという。

当初から作業に加わっている新潟市内の美術教師から聞いた話によれば、約370年前の開拓者の姿を現代に蘇らせた。関係者全員が本気モードで取り組んだらしい。

淡雪のちらついた2月25日早朝、思わず足を止めて見入ってしまった。遠くいにしえの開拓者の姿は何かを語りかけてきているような気がしたかな。

積もった雪でよく分からないと思うが、背景は鳥屋野潟の水面です。

RVP100 AI-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5 2月25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マンサク花火

ニホンカモシカ

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  3. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  4. 鳥屋野潟・日の出

     写真は今月12日に撮影した鳥屋野潟の日の出。今日18日、仕上がりを取りに行…

  5. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  6. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影前回掲載した写真が午後のもので、これは朝…

  7. 鳥屋野潟・Gradation

    ♬~夜と朝のあいだに ひとりの私~・・・ピーターの持ち歌だったっけ、それと…

  8. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。