ネコの “爪”

ネコヤナギの花芽が堅い殻を脱いで、膨らみ始めていました。

なんだかんだで一週間以上も出歩かなかったのですが、その間も春に向けて、むずむず、じゅわじゅわ、命を紡いでいたのですね。

ただ、私自身には「春が近づいている」という感覚がないのです。

体調がすぐれない事や朝から弱まることなく降り続く“寒雨”のせいで、四季の移ろいに対する感受性が働かない。もしくは弱っている?

写真は昨年2月末に撮影したものだが、現在ちょうどこんな感じだ。

まさに殻が帽子のようにチョコンと乗っているような姿が可愛らしく、カメラを向けたのであるが、そのうち「可愛らしい」なんていう想いはすっかり消え失せて、代わって動物の手先の爪を連想してしまった。

「あんな爪でガバッとやられたら、血がドバッと出るんだろうな」。

ネコヤナギは「雌雄異株」と言われるが、見分け方が解りません。

同じように見えるけど、強いて言うなら“粒が大きく、ごつそうなヤツ”、が“雄株”・・なんて勝手に思いこんでいる。

RVP100 AI Micro-Nikkor f/4s NikonF5  2016年2月撮影

*写真は過去に当ブログで一度掲載していますが、今回別ポジをスキャン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

春霞

関連記事

  1. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

  2. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  3. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  6. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  7. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  8. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。