ネコの “爪”

ネコヤナギの花芽が堅い殻を脱いで、膨らみ始めていました。

なんだかんだで一週間以上も出歩かなかったのですが、その間も春に向けて、むずむず、じゅわじゅわ、命を紡いでいたのですね。

ただ、私自身には「春が近づいている」という感覚がないのです。

体調がすぐれない事や朝から弱まることなく降り続く“寒雨”のせいで、四季の移ろいに対する感受性が働かない。もしくは弱っている?

写真は昨年2月末に撮影したものだが、現在ちょうどこんな感じだ。

まさに殻が帽子のようにチョコンと乗っているような姿が可愛らしく、カメラを向けたのであるが、そのうち「可愛らしい」なんていう想いはすっかり消え失せて、代わって動物の手先の爪を連想してしまった。

「あんな爪でガバッとやられたら、血がドバッと出るんだろうな」。

ネコヤナギは「雌雄異株」と言われるが、見分け方が解りません。

同じように見えるけど、強いて言うなら“粒が大きく、ごつそうなヤツ”、が“雄株”・・なんて勝手に思いこんでいる。

RVP100 AI Micro-Nikkor f/4s NikonF5  2016年2月撮影

*写真は過去に当ブログで一度掲載していますが、今回別ポジをスキャン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

春霞

関連記事

  1. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  2. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  3. 鳥屋野潟銀河

    GRⅢ銀河を真横から見るとこんな感じでしょうか。宇宙空間に横とか縦と…

  4. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  5. セミの羽化

    2015年7月26日(日)撮影  アレレ、なんか変?どうしちゃったの?午前5…

  6. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  7. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  8. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。