嵐の予感

低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。

通り過ぎては雲間から陽が射し、そのたび大地や湖面が明るく輝き、そして瞬く間に暗くなる。

水面の反射は風の強まりとともにいよいよ輝きを増し、終いには、直線的で鋭い光を放ってくる。

吹き付ける風の音は耳元でまとわりついたまま離れようとしない。

近づきつつある冬の気配を感じた一日でした。

ベルビア100 55ミリレンズ NikonF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グルグル雲

カモシカの足跡かも

関連記事

  1. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  2. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  3. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

  4. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

  5. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  6. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。