嵐の予感

低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。

通り過ぎては雲間から陽が射し、そのたび大地や湖面が明るく輝き、そして瞬く間に暗くなる。

水面の反射は風の強まりとともにいよいよ輝きを増し、終いには、直線的で鋭い光を放ってくる。

吹き付ける風の音は耳元でまとわりついたまま離れようとしない。

近づきつつある冬の気配を感じた一日でした。

ベルビア100 55ミリレンズ NikonF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グルグル雲

カモシカの足跡かも

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  5. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  7. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。