Damage

陸に上がった舟、右舷の胴部分のダメージに惹かれました。

何層にも塗り固められたペンキが雨、あられ、雪、風に晒され、剥がれ落ちて腐食が進んでいましたが、その色の取り合わせが何となく、目を引いて、それでパシャリ。

病み上がり1発目の写真。撮ろうともしなかったジャンルです。

病室内の無機質な壁紙ばかり眺めていたせいでしょうか。

無理してあてはめるなら、暗い胃の内部でピロリ菌が胃の壁を攻落し、次なる血管へワニャワニャと食指を伸ばしている・・。そんな図を想像してしまうのは・・間違いなく、俺だけだろうな。

NikonのAI-Nikkor 50 f/1.2sという“迷玉”レンズを使用した。

絞り値f5.6に固定して、さまざまなシャッタースピードで10枚撮影した中の1枚。特有の“しっとり感”が出ているような感じがする。露出は実際の見た目とほぼ一緒。

RVP100 NikonF5  2月12日撮影

*対象の舟は『水と土の芸術祭2015』で展示されていたもの。現在は清五郎潟岸辺で解放展示(内部は入れない)されています。

文面中「塗装の剥がれ」と表現してますが、もしかしると展示当初から意図的につけた“ダメージ”かな、なんて考えてもしまう。現在の舟の姿が、潟の風景に溶け込んでいるせいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

悪い癖

これは? わからんなぁ・・

関連記事

  1. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  2. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の…

  3. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  4. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  7. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  8. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。