朝陽沸く

退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯びていて、中の血管がぷっくらと膨らんでいるのが判る。

腕をだらりと垂らすと、だんだん鈍痛がしてきて、左手で患部をかばう。

昨日、鳥屋野潟公園を歩いてみた。が、歩けない。

少し進んだだけで前屈みになってきて肩で大きく息を吸う感じになってくる。

情けない。

“手術”の部類にも入りそうもない施術なのに、こうも体力がガクンと、落ちるとは考えもしていなかった。これは輸血や貧血のせいだろうか?

一方、幸いな事にメシを食べられるのが楽しくてしかたがない。

よく噛んで食べて、腹八分目以下を維持せよ・・担当医から言われたまま忠実に実行している。

量が少ないと思っていたが、よく噛むと、そんなでもないんだな。なんだか“満腹感”が出てくるものなのですね。

さて掲載写真ですが、これもとんでもなく冷え込んだ1月29日に撮った。

久々にフィルムの交換が思うようにいかなくなるほど手がかじかんだ。気がつけば、カメラや三脚の表面は霜だらけ。

自身の身につけていたスヌード?をカメラにあてがい、バッテリーの消耗を防いだが、そのうち私の方がヘロヘロに近い状態になってきた。

この日ほど朝陽の暖かみを享受した事が無い・・そんな事を考えていたのは“知らせ”だったのかな?

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  福島潟 1月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜花

福寿草・パラボナアンテナ

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。