閉ざす冬潟

今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。

先月末から急におかしくなり、2月1日にダウン。総合病院へ直行、そのまま緊急入院となっておりました。

急性出血性胃潰瘍・貧血。

「内視鏡を入れて調べて、デカい穴を焼いた」「ICU行きね」と医者。

「エッ・・、じゃあ、今日帰れないんですか?」と女房。

「こんな状態で帰る?・・こっちがビックリしますわ!」と医者。

そんな二人のやりとりを朦朧とする頭で何気に聞いておりました。

しかし、なんだな。医師はテキパキと指示を出すし、看護婦さんの動きもそつが無い。とにかく連携作業の凄みを感じた次第です。

写真は1月29日、日曜日に撮影したもの。

-4℃以下まで冷え込んだ福島潟早朝、陽の光が潟氷に差してきた。

凍てつく冬潟に取り残されたかのように見える舟を眺めていると、やがて春がやって来る・・なんて考えられなくなってきたのでした。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  新潟市・福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・影ごおり

霜花

関連記事

  1. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. 週末に姿を見かけず、ブログも更新していないので、
    まだ体調が悪いのかと気にしていたところです。まさか入院とは・・・
    大変な思いをしていたんですね。ともあれ、退院されて一安心といったところでしょうか?

    •  死ぬ思いでした。吐血した瞬間に、顔面蒼白・・その後、よく覚えていません。
      最初に診てもらった医者・・あれはとんでもないヤカラだな。ろくに聞きもせず、
      「ノロはやってるから」と。総合病院の担当医は「ノロであるわけないだろ!」と
      私以上に憤りを覚えたようでした。重篤にならず、ホッとしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。