閉ざす冬潟

今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。

先月末から急におかしくなり、2月1日にダウン。総合病院へ直行、そのまま緊急入院となっておりました。

急性出血性胃潰瘍・貧血。

「内視鏡を入れて調べて、デカい穴を焼いた」「ICU行きね」と医者。

「エッ・・、じゃあ、今日帰れないんですか?」と女房。

「こんな状態で帰る?・・こっちがビックリしますわ!」と医者。

そんな二人のやりとりを朦朧とする頭で何気に聞いておりました。

しかし、なんだな。医師はテキパキと指示を出すし、看護婦さんの動きもそつが無い。とにかく連携作業の凄みを感じた次第です。

写真は1月29日、日曜日に撮影したもの。

-4℃以下まで冷え込んだ福島潟早朝、陽の光が潟氷に差してきた。

凍てつく冬潟に取り残されたかのように見える舟を眺めていると、やがて春がやって来る・・なんて考えられなくなってきたのでした。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  新潟市・福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・影ごおり

霜花

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. 週末に姿を見かけず、ブログも更新していないので、
    まだ体調が悪いのかと気にしていたところです。まさか入院とは・・・
    大変な思いをしていたんですね。ともあれ、退院されて一安心といったところでしょうか?

    •  死ぬ思いでした。吐血した瞬間に、顔面蒼白・・その後、よく覚えていません。
      最初に診てもらった医者・・あれはとんでもないヤカラだな。ろくに聞きもせず、
      「ノロはやってるから」と。総合病院の担当医は「ノロであるわけないだろ!」と
      私以上に憤りを覚えたようでした。重篤にならず、ホッとしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。