冷たい青

雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。

段差のエッジラインや窪みが明るさの加減で微妙に変化しています。

雪雲が次々にやって来て吹雪いたり、時に雪煙が上がったりしますが、長続きはしません。嵐が去るとゆっくりと明るくなっていくのです。

ただ、太陽は顔を出してくれません。光は雲の中からやって来ます。

長い間、憑かれたように階段を見下ろしていましたが、面白い事に光の強弱で、エッジラインが見えたり見えなかったりするのですね。

光が変化する瞬間に目を前に向けて辺りを伺うもピ~ンとこないのに、この雪の表情にだけ限って神経を集中していると、完全に見失ったり、三本線が二本線に見えてきたり、おぼろげなラインになったりする。

そんなことで掲載写真は吹雪が一先ず止んで、光がジワリジワリと、回り始めた“初期”の段階に敢えてアンダー露出にして撮影したもの。

イメージ通りの『冷たい青』のラインが浮かび上がってくれました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 1月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイ・雫花

餅雪

関連記事

  1. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  2. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  3. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  6. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。