冷たい青

雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。

段差のエッジラインや窪みが明るさの加減で微妙に変化しています。

雪雲が次々にやって来て吹雪いたり、時に雪煙が上がったりしますが、長続きはしません。嵐が去るとゆっくりと明るくなっていくのです。

ただ、太陽は顔を出してくれません。光は雲の中からやって来ます。

長い間、憑かれたように階段を見下ろしていましたが、面白い事に光の強弱で、エッジラインが見えたり見えなかったりするのですね。

光が変化する瞬間に目を前に向けて辺りを伺うもピ~ンとこないのに、この雪の表情にだけ限って神経を集中していると、完全に見失ったり、三本線が二本線に見えてきたり、おぼろげなラインになったりする。

そんなことで掲載写真は吹雪が一先ず止んで、光がジワリジワリと、回り始めた“初期”の段階に敢えてアンダー露出にして撮影したもの。

イメージ通りの『冷たい青』のラインが浮かび上がってくれました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 1月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイ・雫花

餅雪

関連記事

  1. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  2. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  3. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  4. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  5. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

  6. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  7. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。