冷たい青

雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。

段差のエッジラインや窪みが明るさの加減で微妙に変化しています。

雪雲が次々にやって来て吹雪いたり、時に雪煙が上がったりしますが、長続きはしません。嵐が去るとゆっくりと明るくなっていくのです。

ただ、太陽は顔を出してくれません。光は雲の中からやって来ます。

長い間、憑かれたように階段を見下ろしていましたが、面白い事に光の強弱で、エッジラインが見えたり見えなかったりするのですね。

光が変化する瞬間に目を前に向けて辺りを伺うもピ~ンとこないのに、この雪の表情にだけ限って神経を集中していると、完全に見失ったり、三本線が二本線に見えてきたり、おぼろげなラインになったりする。

そんなことで掲載写真は吹雪が一先ず止んで、光がジワリジワリと、回り始めた“初期”の段階に敢えてアンダー露出にして撮影したもの。

イメージ通りの『冷たい青』のラインが浮かび上がってくれました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 1月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイ・雫花

餅雪

関連記事

  1. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  4. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  5. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  6. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  7. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。