餅雪

フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うように

いつもまっすぐ降りてくる。

雪の世界の美しさは、地上のあらゆるものを

白いベールで包み込む不思議さかも知れない。

人の一生の中で、歳月もまた雪のように降り積もり、

辛い記憶をうっすらと覆いながら、

過ぎ去った昔を懐かしさへと美しく浄化させてゆく。

もしそうでなければ、

老いてゆくのは何と苦しいことだろう。

『ノーザンライツ』星野道夫 著・新潮文庫~アラスカの空から~引用

星野道夫氏がどこかの雑誌に載せていたこの文章の一部を断片的に記憶していた。あれから数十年経って、それが上記の文庫本に収録されているのを偶然目にした。

所々で自分の想像も加わって、原文が着色された状態だったが、読んでいるうちに、心が洗われていくように、記憶が澄んでいく。

心の琴線に触れるような美しい文章はいつまでも輝きが失せないんだな。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  自宅前の田んぼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷たい青

河氷に舟浮いて

関連記事

  1. 入道雲の季節

    自転車で家に戻ると、田んぼの向こう側からモクモクと白い塊が互いに重なり、また…

  2. カール雲

     お馴染み、家の前、田んぼからの夕焼け空です。道路脇の歩道上から田んぼと民家…

  3. フィルム忘れた半色(はしたいろ)の空

    夕方6時20分頃、3日連続で夕日が綺麗になりそう。今日は「ムム」な感じ。…

  4. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  5. 銀鱗(ぎんりん)

     昨年9月に撮影した”うろこ雲”。夕陽を浴びてまるで銀鱗その…

  6. たそがれどき

    2014年8月29日 撮影 残照です。日没後既に30分近く経過してます。いわ…

  7. 田植え待つ田んぼ

    家の前の田んぼ。10日ほど前から「水入れ」がはじまった。たっぷりと川水をた…

  8. たわわに実る稲穂

     夕方、稲穂を撮る。たわわに実った稲穂だ。明日は小学生による稲刈りがある。恒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。