あばら雲

 夏が終わった。8月20日から2,3日の間で一気に秋が近づいた。
こんなに、季節が様変わりする年も珍しい。
 休日の午後、田んぼ上空は人間のあばら骨をイメージしたくなるような
いわし雲?が流れ込んできて、夏の太陽を遮り始めた。
心なしか風の音も寂しい感じ。
夏の間、火照った大地を雨で鎮めてくれる気配を
感じながらシャッターを切りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ラジオ体操の夏 朝露

早く食べたいお米かな

関連記事

  1. 稲の朝露

     海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。「この時期、稲は盛んに水分を…

  2. 餅雪

    フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うようにいつもまっすぐ降り…

  3. たそがれどき

    2014年8月29日 撮影 残照です。日没後既に30分近く経過してます。いわ…

  4. 腰を痛めた環水平アーク

    彩雲か、いや環水平アークこの日は子供の運動会。小学校生活最後の行事で気合が…

  5. 田植え直後の夕焼け

     夕方7時前、西の空が茜色になる。田んぼが夕日を映し出しているシーンが欲しか…

  6. 入道雲の季節

    自転車で家に戻ると、田んぼの向こう側からモクモクと白い塊が互いに重なり、また…

  7. 夕焼け田んぼ

    会社から必死の形相?で自転車こいで戻る。「田んぼに行く。夕日!」と女房に伝…

  8. under construction

    来年7月完成予定の新潟南病院。建設当初は地面の下ばかりガリガリやっていて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。