あばら雲

この記事は1分で読めます

 夏が終わった。8月20日から2,3日の間で一気に秋が近づいた。
こんなに、季節が様変わりする年も珍しい。
 休日の午後、田んぼ上空は人間のあばら骨をイメージしたくなるような
いわし雲?が流れ込んできて、夏の太陽を遮り始めた。
心なしか風の音も寂しい感じ。
夏の間、火照った大地を雨で鎮めてくれる気配を
感じながらシャッターを切りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
  3. 2018.02.16

    凍吹雪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。