ロウバイ

 横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか
園内は私の他、誰一人いません。こんな天気ではよほど
目的が無ければまず来る人はいないでしょう。
 ロウバイが咲き出しました。毎年、気にはしていましたが
「まだ大丈夫」といういい加減な性格が災いして、「撮ろう」
とするときにはその盛りを過ぎていました。
 人生あと何回、春の季節を楽しむことが出来るのかな・・と
考えたらじっとしていられなくなり悪天候を承知でやって来た。
 特定の花びらにピントを合わせるが風のせいで揺れまくる。
風が一瞬静まる瞬間にレリーズするが自信なし。
撮影時間約5分。待ち時間60分。ただひたすら立ち尽くし
時折上着に積もった雪を払うのみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

その名は「マサキ」

今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

関連記事

  1. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  2. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  3. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  4. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  5. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  6. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  7. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。