薄明

ねずみ色の絵の具を流し込んだような雲が全天に拡がって、「今日の朝焼けも期待できませんな~」と、諦めていたら「チョットだけよ」と雲が割れてくれました。

その時間・・わずか1分あまりだったような。

ぷわ~とフラッシュして、一瞬オレンジ色に輝いたが、その光はなにか神々しいほどの雰囲気があって、思わず身震いしてしまいました。

そんな瞬間ありません?

うまく言えないんだけど、光に感謝したくなるような。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 2014年8月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒雨

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟トロリンチョ

    本日、奥様の退院日。放射冷却現象が起きる。見渡す限り霧の中。地表近くと上空…

  3. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  4. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  5. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  6. 泣き出しそうな鳥屋野潟

    耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。雨がポツリと落…

  7. 眩しい鳥屋野潟

    写真は5月22日、リバーサルフィルム。モヤッとな朝焼けが続い…

  8. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。