薄明

ねずみ色の絵の具を流し込んだような雲が全天に拡がって、「今日の朝焼けも期待できませんな~」と、諦めていたら「チョットだけよ」と雲が割れてくれました。

その時間・・わずか1分あまりだったような。

ぷわ~とフラッシュして、一瞬オレンジ色に輝いたが、その光はなにか神々しいほどの雰囲気があって、思わず身震いしてしまいました。

そんな瞬間ありません?

うまく言えないんだけど、光に感謝したくなるような。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 2014年8月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒雨

関連記事

  1. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  2. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  3. under construction

    写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。おそらく当時は…

  4. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  5. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが見当た…

  6. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  7. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  8. 泥と大地の調和

    2015年9月13日(日)撮影水と土の芸術祭2015 大矢り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。