日の出の船着き場

この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子でしょうか(同じ構図に拘っている)。

夜中の気温は6℃なのに、朝方に若干の霧が発生し、霜も降りていたとなると、夜明けが近づくにつれ、グングン冷え込んでいったことになる。

朝焼けを期待し、これまでとはひと味違う船着き場の風景を撮影しようと意気込んでいたのは私だけでなく、大勢のカメラマンが一所に集まり、それぞれの思い出でシャッターチャンスを待っているようでした。

今回は霧・・あんまり出ません。

朝焼け・・赤く染まりません。

ちょっと肩すかしを食らった感じでしたが、背後の空、うろこ雲みたいな塊が東の山の端に向かってゆっくりと流れていました。

その雲を湖面に映るように狙ってみたのだが・・あらら・・。

やっぱり、難しいですね。明るめに撮れば朝の雰囲気が薄れてしまう。暗めに撮れば、手前の船着き場あたりが落ち込んで、質感もなくなる。

季節柄、太陽は潟の正面に顔を出します。この時期しか撮れない光景を見逃さないようにしながら、しばらく船着き場を絡めた構図に拘って絵作りしてみたい。

RVP100 AI Nikkor 35 f/2s  NikonF5  12月4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パッチワーク

寒くないの~?

関連記事

  1. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  2. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  5. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  6. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。