ん?・・


丈の低いタカアザミの花は上を向く。

背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背景に取り入れやすい・・・とかなんとか言いながら逆光の位置に立って眺めてみる。

陽があたり霜が溶けくると、大地がキラキラと輝いていく。

タカアザミの紫帽子にも細かな水玉がいっぱい弾けていました。

その水玉を背景をぼかして撮りたいな・・なんて思いながらしゃがんで被写体を探していて、目にしたのがご覧の姿でした。

茶色いカマキリ・・此方を向いている?・・・

三脚立てて1枚撮って近づいて、画角とピントを合わせてもう1枚。

さらに3枚目を撮ろうとして「・・ん?」となった。

形のいい威嚇ポーズと思っていたが、どうやら息絶えてる。

カマキリの名前は知らないが、こんな状態で何故ここに?

ホントは生きていて、寒くて体が動かないだけなのか?

いや・・やっぱり死んでいる・・そう考えた方が妥当である。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウラナミシジミ

パッチワーク

関連記事

  1. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  2. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  3. モンキチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影 予報に反しスッコーンと晴れ渡りました。気温…

  4. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  5. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  6. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  7. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  1. まるで生きているかのようですねぇ。この日まで頑張って直前に事切れた感じでしょうか。
    そんな想像をしてしまいます。背景の玉ボケも美しい。

    • たぶん、生きていたと思う。それも直前まで。
      そうでないと、あの姿は解せない。威嚇したと思っていたんだが。
       例の番組モニターへは作文投稿を終了しました。
      合否は来年1月末。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。