ん?・・

丈の低いタカアザミの花は上を向く。

背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背景に取り入れやすい・・・とかなんとか言いながら逆光の位置に立って眺めてみる。

陽があたり霜が溶けくると、大地がキラキラと輝いていく。

タカアザミの紫帽子にも細かな水玉がいっぱい弾けていました。

その水玉を背景をぼかして撮りたいな・・なんて思いながらしゃがんで被写体を探していて、目にしたのがご覧の姿でした。

茶色いカマキリ・・此方を向いている?・・・

三脚立てて1枚撮って近づいて、画角とピントを合わせてもう1枚。

さらに3枚目を撮ろうとして「・・ん?」となった。

形のいい威嚇ポーズと思っていたが、どうやら息絶えてる。

カマキリの名前は知らないが、こんな状態で何故ここに?

ホントは生きていて、寒くて体が動かないだけなのか?

いや・・やっぱり死んでいる・・そう考えた方が妥当である。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウラナミシジミ

パッチワーク

関連記事

  1. 夏至の太陽・福島潟

    あれまぁ~! これまた随分と日の出位置が北に寄ったもんです。…

  2. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. まるで生きているかのようですねぇ。この日まで頑張って直前に事切れた感じでしょうか。
    そんな想像をしてしまいます。背景の玉ボケも美しい。

    • たぶん、生きていたと思う。それも直前まで。
      そうでないと、あの姿は解せない。威嚇したと思っていたんだが。
       例の番組モニターへは作文投稿を終了しました。
      合否は来年1月末。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。