そのまま・・動くなよ~

陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。

少し近づいて、注意の視線を向けていると、

地面で日向ぼっこしている、

タカアザミの周りで地団駄踏んでいる、

空中で出会い頭にぶつかって、そのまま取っ組み合いのケンカを始める、

吸蜜中に横から邪魔され、大人げなく追い払おうとしている・・

など、4,5種類ほどの蝶がてんでバラバラな仕草で、それでいて何かある大きな支配下のもとで個性豊かに動き回っている。

「なにか、大きな支配下・・」それはたぶん、太陽の光・・でしょうか。

しばらく、その様子をおにぎりパクつきながら眺めていたが、タカアザミの花でもお気に入りがあるみたいで、集まってくるもの、咲いてはいるが全く見向きもされないもの・・だんだん見えてきた。

そうであることは予め構図を確かめておくことが出来るわけで、タカアザミの花が全体にスッポリと納まるところ、背景が綺麗な角度など三脚の位置から、その撮影高まで事前にチェックしてみた。

あとは蝶がバランス良い角度に向いてくれること・・・

来ました、来ました!キタテハです。

向こう側から回り込んで・・さあどうする?

・・おっ、もうちょっと下、・・そのまま・・・モデルさんには解るはずがないのに、ついつい声がでてしまう。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 

*記事は11月18日、撮影当日の内容です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紅一葉

ウラナミシジミ

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。