そのまま・・動くなよ~

陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。

少し近づいて、注意の視線を向けていると、

地面で日向ぼっこしている、

タカアザミの周りで地団駄踏んでいる、

空中で出会い頭にぶつかって、そのまま取っ組み合いのケンカを始める、

吸蜜中に横から邪魔され、大人げなく追い払おうとしている・・

など、4,5種類ほどの蝶がてんでバラバラな仕草で、それでいて何かある大きな支配下のもとで個性豊かに動き回っている。

「なにか、大きな支配下・・」それはたぶん、太陽の光・・でしょうか。

しばらく、その様子をおにぎりパクつきながら眺めていたが、タカアザミの花でもお気に入りがあるみたいで、集まってくるもの、咲いてはいるが全く見向きもされないもの・・だんだん見えてきた。

そうであることは予め構図を確かめておくことが出来るわけで、タカアザミの花が全体にスッポリと納まるところ、背景が綺麗な角度など三脚の位置から、その撮影高まで事前にチェックしてみた。

あとは蝶がバランス良い角度に向いてくれること・・・

来ました、来ました!キタテハです。

向こう側から回り込んで・・さあどうする?

・・おっ、もうちょっと下、・・そのまま・・・モデルさんには解るはずがないのに、ついつい声がでてしまう。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 

*記事は11月18日、撮影当日の内容です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紅一葉

ウラナミシジミ

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。