霧の福島潟

2012年4月28日
 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。
6時近く。川霧が、葦原から沸き立ち始めると
岸辺に押し寄せてきてはユラユラと水面と一緒に踊り出した。
 陽が昇る頃には辺り一面、深い霧の中。
潟に点在するハンノキが幻想的な姿で佇んでいた。
まるで山水画のよう。白黒のモノトーンの世界をたっぷりと堪能した。
 耳にするは野鳥たちのさえずりと湖面を駈けるカイツブリの羽音のみ。
 85ミリレンズ、ベルビア100、ニコンF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

開花後のカタクリ

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

関連記事

  1. モンシロチョウの交尾

    新潟市・福島潟 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて…

  2. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影 コフキトンボと言うらしい。シオカラトンボと…

  3. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  4. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  5. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  6. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  7. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  8. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。