霧の福島潟

この記事は1分で読めます

2012年4月28日
 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。
6時近く。川霧が、葦原から沸き立ち始めると
岸辺に押し寄せてきてはユラユラと水面と一緒に踊り出した。
 陽が昇る頃には辺り一面、深い霧の中。
潟に点在するハンノキが幻想的な姿で佇んでいた。
まるで山水画のよう。白黒のモノトーンの世界をたっぷりと堪能した。
 耳にするは野鳥たちのさえずりと湖面を駈けるカイツブリの羽音のみ。
 85ミリレンズ、ベルビア100、ニコンF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2018.02.16

    凍吹雪
  2. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  3. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。