霧の福島潟

2012年4月28日
 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。
6時近く。川霧が、葦原から沸き立ち始めると
岸辺に押し寄せてきてはユラユラと水面と一緒に踊り出した。
 陽が昇る頃には辺り一面、深い霧の中。
潟に点在するハンノキが幻想的な姿で佇んでいた。
まるで山水画のよう。白黒のモノトーンの世界をたっぷりと堪能した。
 耳にするは野鳥たちのさえずりと湖面を駈けるカイツブリの羽音のみ。
 85ミリレンズ、ベルビア100、ニコンF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

開花後のカタクリ

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

関連記事

  1. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影 10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてし…

  2. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  3. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  4. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  5. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  6. 泡沫の流れ

    池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ凍りかけ…

  7. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  8. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。