霧の福島潟

2012年4月28日
 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。
6時近く。川霧が、葦原から沸き立ち始めると
岸辺に押し寄せてきてはユラユラと水面と一緒に踊り出した。
 陽が昇る頃には辺り一面、深い霧の中。
潟に点在するハンノキが幻想的な姿で佇んでいた。
まるで山水画のよう。白黒のモノトーンの世界をたっぷりと堪能した。
 耳にするは野鳥たちのさえずりと湖面を駈けるカイツブリの羽音のみ。
 85ミリレンズ、ベルビア100、ニコンF5。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

開花後のカタクリ

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

関連記事

  1. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  2. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  3. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  4. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  5. モンシロチョウの交尾

    新潟市・福島潟 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて…

  6. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  7. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  8. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。