藪の中 マユミの実

この記事は1分で読めます

2013年12月1日
 正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。
公園柵ぎりぎりの藪の中でマユミの実が西陽を受けて輝いていました。
遊歩道からはマユミの木があるなんて気がつきません。
隈無く動いて探しあてた。その恩恵に甘え、撮影となりました。
 手製のレフ板を使用しています。
ピンクの実の色を忠実に表現できた反面、ちょっと人工的な光のあて方かな。
 こんな時は、そのままストレートに表現するべき
だったのかな・・と今となってそう思います。
 ベルビア100 NikonF5 55㍉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。