藪の中 マユミの実

2013年12月1日

正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。

公園柵ぎりぎりの藪の中でマユミの実が西陽を受けて輝いていました。

遊歩道からはマユミの木があるなんて気がつきません。

隈無く動いて探しあてた。その恩恵に甘え、撮影となりました。

手製のレフ板を使用しています。

ピンクの実の色を忠実に表現できた反面、ちょっと人工的な光のあて方かな。

こんな時は、そのままストレートに表現するべきだったのかな・・と今となってそう思います。

ベルビア100 NikonF5 55㍉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷え込んだ夜明け

氷の侵食

関連記事

  1. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  2. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  3. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  4. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  5. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  6. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  7. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。