霜降・雨濡れとんぼ

 現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。
「なんだ~ぁ これ?・・いつだった・・これ撮ったの?」
視神経を伝わって脳に届いた映像と記憶がうまく重ならない。
?マークを頭に描いたまま家に戻って、ビューアーに拡げても
ウ~ン・・・と唸るばかりで、撮影日誌を開いてようやく合点した。
10月23日早朝の福島潟、霜降のとんぼ・・だった・・・

 夜露を凌いでいたはずのとんぼに明け方、無情の雨が降り注ぐ。
天を仰いでも既に上ったはずの太陽のありかさえつかめない中で
葦の葉影やセイタカアワダチソウの花序の中にとんぼを見つけた。
どいつもびしょ濡れで、息を吹きかけてクリッと頭が動くのみ。
待っていても、明るくなる雰囲気は微塵もなく、そのうえ風も出た。
その風にひとたび吹かれ揺れ出すと、終いがないほど揺れ続ける。
撮影を諦めて、少し移動した際に見つけたのがこのミゾソバとんぼ。
こちらは背が低い位置で風の当たりも弱い。
 三脚を目一杯下げて、泥水の中に這うようにして撮影を始めましたが
なにせとんでもなく暗い。ダメ元で1段オーバー目に露出をかけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記・カメラとか

ともしび

関連記事

  1. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  2. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  3. 泡沫の流れ

    池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ…

  4. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  7. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

  8. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。