霜降・雨濡れとんぼ

 現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。
「なんだ~ぁ これ?・・いつだった・・これ撮ったの?」
視神経を伝わって脳に届いた映像と記憶がうまく重ならない。
?マークを頭に描いたまま家に戻って、ビューアーに拡げても
ウ~ン・・・と唸るばかりで、撮影日誌を開いてようやく合点した。
10月23日早朝の福島潟、霜降のとんぼ・・だった・・・

 夜露を凌いでいたはずのとんぼに明け方、無情の雨が降り注ぐ。
天を仰いでも既に上ったはずの太陽のありかさえつかめない中で
葦の葉影やセイタカアワダチソウの花序の中にとんぼを見つけた。
どいつもびしょ濡れで、息を吹きかけてクリッと頭が動くのみ。
待っていても、明るくなる雰囲気は微塵もなく、そのうえ風も出た。
その風にひとたび吹かれ揺れ出すと、終いがないほど揺れ続ける。
撮影を諦めて、少し移動した際に見つけたのがこのミゾソバとんぼ。
こちらは背が低い位置で風の当たりも弱い。
 三脚を目一杯下げて、泥水の中に這うようにして撮影を始めましたが
なにせとんでもなく暗い。ダメ元で1段オーバー目に露出をかけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記・カメラとか

ともしび

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  4. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  5. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  6. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。