霜降・雨濡れとんぼ

 現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。
「なんだ~ぁ これ?・・いつだった・・これ撮ったの?」
視神経を伝わって脳に届いた映像と記憶がうまく重ならない。
?マークを頭に描いたまま家に戻って、ビューアーに拡げても
ウ~ン・・・と唸るばかりで、撮影日誌を開いてようやく合点した。
10月23日早朝の福島潟、霜降のとんぼ・・だった・・・

 夜露を凌いでいたはずのとんぼに明け方、無情の雨が降り注ぐ。
天を仰いでも既に上ったはずの太陽のありかさえつかめない中で
葦の葉影やセイタカアワダチソウの花序の中にとんぼを見つけた。
どいつもびしょ濡れで、息を吹きかけてクリッと頭が動くのみ。
待っていても、明るくなる雰囲気は微塵もなく、そのうえ風も出た。
その風にひとたび吹かれ揺れ出すと、終いがないほど揺れ続ける。
撮影を諦めて、少し移動した際に見つけたのがこのミゾソバとんぼ。
こちらは背が低い位置で風の当たりも弱い。
 三脚を目一杯下げて、泥水の中に這うようにして撮影を始めましたが
なにせとんでもなく暗い。ダメ元で1段オーバー目に露出をかけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記・カメラとか

ともしび

関連記事

  1. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  4. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

  5. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  6. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  7. 草むらの中

    新潟市・福島潟 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止…

  8. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。