霜降・雨濡れとんぼ

 現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。
「なんだ~ぁ これ?・・いつだった・・これ撮ったの?」
視神経を伝わって脳に届いた映像と記憶がうまく重ならない。
?マークを頭に描いたまま家に戻って、ビューアーに拡げても
ウ~ン・・・と唸るばかりで、撮影日誌を開いてようやく合点した。
10月23日早朝の福島潟、霜降のとんぼ・・だった・・・

 夜露を凌いでいたはずのとんぼに明け方、無情の雨が降り注ぐ。
天を仰いでも既に上ったはずの太陽のありかさえつかめない中で
葦の葉影やセイタカアワダチソウの花序の中にとんぼを見つけた。
どいつもびしょ濡れで、息を吹きかけてクリッと頭が動くのみ。
待っていても、明るくなる雰囲気は微塵もなく、そのうえ風も出た。
その風にひとたび吹かれ揺れ出すと、終いがないほど揺れ続ける。
撮影を諦めて、少し移動した際に見つけたのがこのミゾソバとんぼ。
こちらは背が低い位置で風の当たりも弱い。
 三脚を目一杯下げて、泥水の中に這うようにして撮影を始めましたが
なにせとんでもなく暗い。ダメ元で1段オーバー目に露出をかけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記・カメラとか

ともしび

関連記事

  1. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  2. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の…

  3. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  4. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  5. 染まらない朝/なんでだろ?

     台風の影響をもくろみ、朝焼けに期待したが当てが外れた。太陽が昇るほんの狭い…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  8. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。