陽だまりイナゴ

 本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。
午前中にバリウム飲んだせいか、下腹部がゴロゴロと重たく、普段じゃない。
早めに終了したら撮影行こうかな・・などと考えていたが行く気になれない。
にもかかわらず、ビール飲むのだけは別次元で、お腹がヘンテコな状態なのに、
自転車こいでホルモンまで買ってきた(お腹ではなく、頭が異常かもね)。
 掲載写真はおそらくはイナゴでしょ?22日の土曜午後、福島潟で撮影した。
良い天気の状態で一日仕事してました・・なんて冗談でも許せない。
仕事終わって速効で飛び出してやって来たのだった。
「ワ~ッ・・オ~ッ・・・」とにかく声に出して叫ばずにはいられない!
 歩む先々で虫がポンポン飛び出したり、草藪の中に隠れたりしていたから
目指すミゾソバ?の群落の中にもちょっとはいるだろう・・と狙いを定め、
気持ちを切り替え、ゆっくり、静か~に近づいてみたら・・・・
・・いました・・・イナゴだったけど・・最初に8枚ほど離れた位置から、
次に、三脚の脚を伸ばして、上から覗き込むような形で、10カットほど。
掲載写真はその10カットほどの中の1枚になる。

 目の調子がやっぱり変。この時も、ピントが合わせられない。
右目は極端に悪く、現在は左目でファインダーを覗いているが、それが変。
じっとしている被写体にもかかわらず、動かなければ動かないほど
ピントのヤマがつかめなくなってくる。だから枚数も重ねてしまうのだが、
重ねてもやはりピントが甘い状態のまま。
何でなんだよ・・・歩留まりが極端に悪い・・かといって、
一瞬の手持ちで撮影したものなんかはピントがドンピシャリ。
これは一体、どうしたことなんだろう・・不思議である。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 10月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

とにかくかわいい紋白蝶

ひょうもんあざみ

関連記事

  1. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  4. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  5. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  6. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  8. 福島潟は霧のなか

    今日27日、市内は午後から暖かな陽射しが降り注いでいました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。