蝶の時間

 『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。
身体の表面積に応じた時間がそれぞれあって、ゾウの心臓はゆっくりと、ネズミの
それは速く鼓動する。でもゾウもネズミも大概、20億程度打ったら停止する・・・
 目の前のベニシジミを観ていたら「蝶の時間ってどうなんだろう」と考えてしまう。
西陽を身体いっぱいに浴びてはいるが、それはあくまで観ているオイラの時間軸で、
考えているだけで、コイツにとっては「もうじき日が暮れる」なんて思ってもいない。
(思う・・と表記すること自体がおかしいのだが・・)
 それともうひとつ、なんでこんなアクロバットな体勢がとれるのだろうか。
これも、どうしても“人間軸”で考えてしまう。観るのに力が要る。
この辺のところも、前述の書物の中、「小サイズの達人」の章でそれらしい
ヒントみたいなものが書かれているのだが・・・・
・・思考する過程で頭がこんがらかってきた・・・。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋雨と蟷螂

ヤマトシジミとマイクロレンズ

関連記事

  1. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  4. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  5. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  6. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  7. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。