蝶の時間

 『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。
身体の表面積に応じた時間がそれぞれあって、ゾウの心臓はゆっくりと、ネズミの
それは速く鼓動する。でもゾウもネズミも大概、20億程度打ったら停止する・・・
 目の前のベニシジミを観ていたら「蝶の時間ってどうなんだろう」と考えてしまう。
西陽を身体いっぱいに浴びてはいるが、それはあくまで観ているオイラの時間軸で、
考えているだけで、コイツにとっては「もうじき日が暮れる」なんて思ってもいない。
(思う・・と表記すること自体がおかしいのだが・・)
 それともうひとつ、なんでこんなアクロバットな体勢がとれるのだろうか。
これも、どうしても“人間軸”で考えてしまう。観るのに力が要る。
この辺のところも、前述の書物の中、「小サイズの達人」の章でそれらしい
ヒントみたいなものが書かれているのだが・・・・
・・思考する過程で頭がこんがらかってきた・・・。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋雨と蟷螂

ヤマトシジミとマイクロレンズ

関連記事

  1. 円盤形ギザギザマーク

    2015年7月4日(土)撮影 6月21日撮影し27日に掲載した”謎のX(エッ…

  2. セミの羽化

    2015年7月26日(日)撮影  アレレ、なんか変?どうしちゃったの?午前5…

  3. 雪崩れるスタジアム

     スタジアムが完成した最初の冬に撮影したもの。建設当初から柵の外から工事の進…

  4. ハグロトンボ

    2015年7月19日(日)撮影 鳥屋野潟公園”魚つきの森”で一番最初に目にす…

  5. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  6. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  7. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  8. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。