蝶の時間

 『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。
身体の表面積に応じた時間がそれぞれあって、ゾウの心臓はゆっくりと、ネズミの
それは速く鼓動する。でもゾウもネズミも大概、20億程度打ったら停止する・・・
 目の前のベニシジミを観ていたら「蝶の時間ってどうなんだろう」と考えてしまう。
西陽を身体いっぱいに浴びてはいるが、それはあくまで観ているオイラの時間軸で、
考えているだけで、コイツにとっては「もうじき日が暮れる」なんて思ってもいない。
(思う・・と表記すること自体がおかしいのだが・・)
 それともうひとつ、なんでこんなアクロバットな体勢がとれるのだろうか。
これも、どうしても“人間軸”で考えてしまう。観るのに力が要る。
この辺のところも、前述の書物の中、「小サイズの達人」の章でそれらしい
ヒントみたいなものが書かれているのだが・・・・
・・思考する過程で頭がこんがらかってきた・・・。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋雨と蟷螂

ヤマトシジミとマイクロレンズ

関連記事

  1. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。