蘇る記憶の光り/福島潟

50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。

「身近な自然」というのは私にとっては「仕事に差し支えない場所」、「ブラ~ッとサンダル履きで出掛けたくなる場所」「何も考えない場所」と思っていたが、最近になって、地理的要因からちょっと離れて、自身の精神世界の描き方一つでいかようにも変えられる事に気づいた。

・・・アレレ・・なんだか・・現実逃避みたいになってきたな・・・

動物写真家の故星野道夫さんの『旅する木』はバイブルみたいな書物なんだが、確か「季節はページをめくるように過ぎ去っていく」なんて書かれた部分があって、それが、頭の中でなんだか癒やしの映像としてもう何十年も残っているんだな。

自身の精神世界、そして頭の中の記憶としての映像がこの朝焼けを観ていたら、断片的に浮かんできては繋がって、そして消えていく。

「身近な自然」・・もしかすると「一番大切な自然」なのかも知れないね。

RVP100  AI Nikkor 35 f/2s  NikonF5   9月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紅露草

葉陰蝶・キチョウ

関連記事

  1. フィルムの音

    「あっ、マミヤだぁ~」と、こっち。「それは・・もしかしてニコンのF3…

  2. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  3. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  4. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いてい…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 冬の太陽

     時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。太陽はあらかた昇って、カメ…

  7. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  8. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。